パソコン初心者におすすめのサイト

ハードディスクから紛失したデータを復元する方法

ハードディスクには寿命があります。そう簡単に壊れる物ではありませんが、何年にもわたりフル稼働させていたパソコンの内蔵HDDや外付けHDDは経年劣化を起こし、内部のデータが正しく読み取れなくなります。そこでここではハードディスクから紛失したデータを復元する方法について紹介します。

まず、業者に相談する

ハードディスクが壊れることを、一般的にHDDクラッシュといいます。この症状になってしまったときには、まずデータ復元が可能な状態であるかどうかを調べる必要があります。仮に、この時点で物理面や論理面で破壊が行われていた時には、業者に依頼をしても直せない可能性があるためこの点は理解が必要です。反対に、通電をやめて原因を特定して、記憶領域に問題が存在しなかったときには、業者が利用する専用のツールを使うことでデータだけを抽出することが可能です。基本的に、データ復元は自力では困難だと考えて間違いありません。もちろん、この場合もHDDクラッシュによってどの程度の破壊が行われているかで異なりますが、データ領域に傷が存在しないときには大部分の復元が可能ですので、まずは業者に相談をしてどの程度のダメージが存在するのかを調べてもらう必要があります。

データ復元ソフトを使う

バックアップを行っていない状態で、ハードディスクのデータを紛失した場合、最もポピュラーなのはデータ復元ソフトを使う事です。ネットや家電量販店でデータ復元用のソフトが販売されており、これをパソコン本体にインストールすれば準備はOKです。フリーソフトとして配布されているデータ復元ソフトもあります。それは無料でネットからダウンロード可能です。無料ですので気軽にダウンロードでき、フリーソフトなら使い続けてもゼロ円となります

データ復元ソフトを使えば誤って過去に消してしまったHDDの動画や書類データも高確率で蘇ります消去してから時間が経過すればする程、データ復元の確率と精度は下がりますので、気付き次第取り組むのがおすすめです。有料のデータ復元ソフトもあり、こちらは無償版ではHDDではサルベージする事が出来なかったケースでも高確率で復活させられるのが利点となります

データ復元の実行まではパソコンに触らず、速やかに復元用のHDDの手配を行って作業に入ることをおすすめします。手配したHDDを差し込み、データ復元ソフトを起動したら、既存のハードディスクをスキャンして紛失したファイルを探します。この段階では時間が掛かりますから、焦らずにデータが見つかるまで待ちます。該当する紛失ファイルが発見できた場合は、復元作業を選択することによって、データ復元ソフトがHDDに復活させてくれます。

HDD復元用ソフトを使う

データ管理をしようとハードディスクをフォーマットしようとしたところ、間違えてすべてのデータを紛失するということがよくあります。もし重要なデータがあったときには、ハードディスクから紛失したデータを復元する方法があるので実践してほしいです。ハードディスクから紛失したデータ復元する方法としては、リカバリーウィザードのようなHDD復元用ソフトを用いります。データ消去を押してしまうと画面上からすべて消えてしまうので無くなったように思えますが、実はハードディスクは分解やハンマーなどの強い衝撃を加えない限りはレーザーで刻み込まれた情報が残っているので消えていないのです。そこでHDD復元用ソフトを用いると、ハードディスクに残っているレーザーで刻み込まれた部分を解析することで復元できます。

ページのトップへ戻る