パソコン初心者におすすめ|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

収益を上げるためのパソコン操作のテクニックとは?

パソコンを扱った仕事に従事していて少しでも収益を上げたいと思っている方がいると思います。ここでは、パソコンに不慣れな初心者でもパソコン操作のテクニック次第で収益が上がるポイントを紹介しています。

WEBライティングの場合

パソコン初心者がWEBライティングで収益を上げるなら、パソコン操作の見直しが必要です。WEBライティングでは、テキストの入力と編集が主なので、範囲の選択やコピー&ペーストなど、主要な操作をキーボードのみで行えるようになるのが理想的です。また調べ物をする機会が多いですから、画面を左右に分割して、ブラウザとエディタを表示するなどのパソコン操作も必須です

ブラウザではタブの新規作成や左右の移動、特定のタブを閉じるなどの操作も覚えておきたいところです。何度も繰り返し参照するページについては、一発でブックマークできたほうが楽ですから、この操作のキーボードショートカットも覚えましょう。作成した文章はテキストファイルに保存して、後で見返せるようにしておくとWEBライティングの改善に役立ちます。

そのため、ファイル保存用のフォルダを作成したり、簡単な操作でテキストファイルを保存するパソコン操作も必要になります。これらの操作を覚えて身につくと、1つ1つの作業が短時間で済むようになりますし、無駄が減るので使える時間が増えます。空いた時間はニュースの確認やWEBライティングテクニックの習得、スキルアップなどにも活かせますから、時間短縮が間接的に収益アップに繋がります。

レジェメ作成の場合

レジュメ作成のパソコン操作は、考えをまとめたり文書作成ソフトに関するものが中心です。アイデア整理に繋がるメモソフトは、使いたい時にさっと起動してテキストを入力したり、手描きでメモを残すのに役立ちます。つまり初心者が収益を上げるためにレジュメ作成で覚えるべきは、アイデア整理ソフトの導入と、いつでもすぐに起動するパソコン操作です

例えば、デスクトップにソフトのショートカットを作り、プロパティからショートカットキーの設定を行うと、キーボード操作で簡単に起動できるようになります。まとめたアイデアのメモは、目を通しながら文章作成ソフトでレジュメ作成を行うのに使うので、画面分割で複数のソフトを画面に表示するパソコン操作も覚えるべきです。

これはレジュメ作成に限りませんが、操作に手間取ると思考や作業効率が阻害されてしまいますから、よく使う機能を中心にショートカットキーを習得しておきましょう。見出しや箇条書きは頻繁に使うものですから、こういった設定が一発でテキストに適用できるようになるのがベストです。それと、テンプレートを作成しておけば何度も使い回せるので、テンプレート作成の知識とテクニック習得もおすすめします

データ入力の場合

データ入力は単純作業の繰り返しですから、この作業をいかに効率化するかが収益を上げる上での鍵を握ります。データ入力の定番といえば表計算ソフトなので、表計算ソフトの基本的なパソコン操作を覚えるのが、初心者にとって収益アップの近道となるでしょう。表計算ソフトでは、シート内でのカーソルの移動や内容の編集、内容のチェックといった作業が多くを占めます。

つまり、カーソルの移動やセルの選択と入力、セルのコピー&ペーストなどを覚えるとかなり便利です。入力漏れは作業の手間を増やす要因の1つですが、空白のセルを色分けする設定にするとミスが減り労力が減らせます。あるいは、空白のみを順に検索して1つずつ項目を埋めるパソコン操作も覚えると、作業効率を高めるのに役立つでしょう。

入力するデータにもよりますが、内容の重複があると困る場合はこのチェックと訂正が必要不可欠です。このため、関数を使って重複を知らせる工夫をしたいところですから、キーボードショートカットのパソコン操作に加えて関数も使いこなせるようになるべきテクニックです。入力のほとんどが数字であれば、いわゆるテンキーを追加して数字入力専用に使いこなせるようにするのも、初心者にとって重要なポイントとなります

図面作成の場合

図面作成におけるパソコン操作のテクニックは、頭に浮かぶやりたい操作を直感的に行えることが前提です。キーボードショートカットを一通り頭に入れつつ、それを難しく考えずに実行できるようになるのが目標です。図面作成ソフトは、機能が豊富で専門的な用語が並びますから、これを覚えるまでにハードルがあります。そもそも、基本的な機能や操作ができないと応用は不可能なので、単純な図形であっても思い通りに編集できるまでが第一関門です。

オブジェクトの概念の習得も必須ですし、細かい操作もできなければ高度な図面作成は難しいでしょう。作成できる図面が単純なものばかりでは、引き受けられる仕事が限られてしまうので、収益アップの道は遠のきます。しかし、パソコン操作を覚えて高度なことが素早くできるようになれば、仕事の評価は上がりチャンスも増えます。

画面を分割して同時に表示する情報量を増やしながら、一方では不必要な情報を非表示にすると効率化が図れます。もしくは、必要な時に必要な情報を表示するスタイルでも、同じく効率を高めることはできるでしょう。表示を頻繁に切り替えるスタイルの図面作成は、キーボードショートカットの重要性が高まるので、真っ先に覚えたいパソコン操作です。キー数の限られるキーボードデバイスを別途用意して、特定の機能をキーに割り当てたり使いこなせるようになるのもポイントです

株・FX取引の場合

株・FX取引で収益を上げるパソコン操作のテクニックは、トレードソフトの表示の切り替えや注文に関するものです。大画面を用意して、画面いっぱいに複数の銘柄を表示するのもありですが、限られる範囲の画面を切り替えながら確認するのも1つの方法です。そして、希望の銘柄や通貨ペアを一発で表示できたり、チャートの拡大縮小やスクロールが簡単に行えるのも理想的です。

株・FX取引のトレードソフトでは、範囲の選択などでマウスを使うことも多いですから、一方の手でキーボード、もう一方で素早くマウスを扱う操作方法を習得しましょう。パソコン操作で求められるスキルの難易度は低いですが、基本的なことが重要になってくるので、苦手な操作は早めに克服すべきです。

特に、マウスの細かい操作は本番でのミスがトレードに影響を及ぼすので、普段から的確に操作できるよう、本番に近い環境で練習しておきたいところです。幸いなことに、株やFXにはいわゆるデモ取引が用意されていますから、じっくりとパソコン操作を覚えてから本番に臨めます。画面の見方や注文方法が分からないというのは論外なので、徹底的にトレードソフトの見方や機能、使い方を覚えて、的確な操作で使いこなせるようになりましょう。

サイトマップ

パソコンおすすめの情報サイトPASOCONのページ一覧表はコチラ

関連ページ

以下は、パソコン操作に関連するページです。

ページのトップへ戻る