パソコン初心者におすすめ|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

パソコン操作の習得で初心者におすすめの資格の特集

パソコン操作のスキルを習得したいと考えるのであれば、資格に向けて勉強したり練習したりすることがおすすめです。試験を受けることを前提として勉強や練習を実施することができるので、より力を身につきやすくなります。しかしながら、パソコン操作スキルに関係する資格はたくさん存在しているので、選び方を間違えてしまうと自分のレベルに合っていない試験を受けることになったり、必要としていないスキルの試験を受けることになったりする恐れがあるでしょう。パソコン操作の習得を目的として取得することがおすすめな初心者向けの試験はいくつかあります。それぞれの特徴を知っておき、自分に合ったものを受験することができるようにしておくといいです。ここでは、パソコン操作の習得で初心者におすすめの資格を紹介しています。

パソコン操作の習得でおすすめの資格

パソコン操作の習得で初心者におすすめの資格の特集

パソコン操作が苦手な初心者にとって取っておくべきおすすめの資格を紹介しています。

タッチタイピング検定

これは、入力の速度や正確さを身につけるためにピッタリの資格です。10分間の制限時間内に決められた文章を入力する必要があり、合格基準の文字数を超えている、正確に入力することができている場合は資格を取得することができます。10分間に600文字で2級、1,000文字で1級を取得することが可能です。タッチタイピングができない人はもちろんですが、これはできるけれどスピードや正確性を高めたいという人も練習して試験を受けることがおすすめだと言えます。

日商PC検定試験

文書作成とデータ活用、プレゼン資料作成に関する3分野の試験が用意されており、全て受験しても良いですし、自分の力を伸ばしたい試験だけを受けてみても良いでしょう。Wordを活用して正しいビジネス文書を作成することができるか、Excelを活用して表やグラフの作成、業務データの処理を行うことができるか、PowerPointを活用して目的に応じた分かりやすいプレゼン資料を作成することができるかという部分がチェックされる試験です。それぞれについて、1級から3級までのレベルと初心者向けのベーシックが用意されています。

MOS

これはマイクロソフト・オフィス・スペシャリストという名称の試験であり、WordとExcelだけではなく、PowerPointやAccess、Outlookの試験も受けることができます。Microsoft社が公式に発表している資格試験であり、世界的に受験されていることが大きな魅力です。海外とも関係があるような仕事をしている場合、いずれは海外で仕事を行いたいと考えているような場合にも重宝する資格だと言えます

P検

P検もパソコン操作について理解を深めるために便利な試験です。日商PC試験やMOSはWordやExcelのスキルが問われるような試験ですが、P検の場合はパソコン全般の知識を得るための試験となっています。ネットワークやモラル、セキュリティなどビジネスで必要なパソコンの知識、情報処理や通信、オフィスソフトに関係する基本的な知識が問われることを知っておきましょう。もしも、この資格を取得することができれば、それぞれのソフトを使いこなす基本的な能力があることだけではなく、ビジネスでパソコンやネットワークを使用する際の常識や注意点が理解できていることをアピールできるようになります。

サーティファイ認定試験

ビジネス能力や技能に関する認定試験を受けることができ、様々な試験科目から自分に合ったものを選ぶことができます。たとえば、情報処理能力認定委員会が実施しているものには、情報処理技術者能力認定試験、C言語やJava、Visual Basicのプログラミング能力認定試験、ワードプロセッサ技能認定試験を実施しており、豊富な種類から受験するものを選ぶことが可能です。ソフトウェア活用能力認定委員会が実施するものには、Excel表計算やWord文書、AccessビジネスデータベースやPowerPointプレゼンテーション、IllustratorクリエイターやPhotoshopクリエイターなどの試験もあります。自分に最適だと感じられるものから受験してみると良いでしょう。

サイトマップ

パソコンおすすめの情報サイトPASOCONのページ一覧表はコチラ

関連ページ

以下は、パソコン操作に関連するページです。

ページのトップへ戻る