パソコンおすすめ|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

初心者が要領よくブラインドタッチを習得するには?

パソコンで初心者が要領よくブラインドタッチを習得するにはどうしたらよいのでしょうか。ブラインドタッチでパソコンのキーボードが打てたら格好いいですよね。ブラインドタッチを習得すると、タイピングの大幅な時短につながり業務を効率化させることが出来る、目線や首を動かさずにタイピングをすることが可能で作業における疲労が軽減される、タイピングスキルが高いと仕事ができる人という印象を抱かれるなど様々なメリットがあります。正しく練習すれば誰にでもできるようになりますが、初心者が早くブラインドタッチができるようになるにはコツがあります。ここでは、パソコン初心者でもブラインドタッチを習得しやすい方法を紹介しています。

指を基本となるホームポジションに置く

パソコンの入力を速く行なう事ができるのがブラインドタッチですが、初心者の方が習得するにはどのようなポイントがあるのでしょうか。先ず一番最初に行いたいのは指を基本となるホームポジションに置くことです。ホームポジションとはキーボードを見てみるとわかるようにアルファベットが3列並んでいます。その真ん中の列に注目してください。少し左の位置にF、少し右の位置にJがあります。

この2つはでっぱっていてこの両方のでっぱりにそれぞれの人差し指が触れるように置きます。そうすると自ずと他の三指も並んで置けるようになります。このホームポジションに指が置けるかで要領よく学習できるようになるのです。他に動かしてもまた戻る、という練習を最初にしてからパソコンの画面を見ながら文字を打つことが初心者には難しくてもJ家結局は要領が良いポイントとなるのです。

また最初の段階では画面を見ながらキーボードも確認しつつ文字を入力していくのが良いでしょう。母音と呼ばれるアルファベットのAIUEOをまず最初に覚えていきますが、指のポジションを覚えていきながら母音以外の子音も含めてタイピングしていきます。そして徐々にキーボードを見ずに、画面だけに注目してタイピングができるような練習を繰り返し行なう事が大事となります

ブラインドタッチ練習用のサイトを利用する

パソコンの初心者にとってブラインドタッチは難しいものですが、習得出来ると格段に効率が上がります。ブラインドタッチを要領良く習得するためには、練習用のサイトを利用すると良いでしょう。練習用のサイトでは、短文を制限時間内に打ち込んでいくようなものですが、間違えて入力するとエラー音で教えてくれます。そのエラー音が鳴らないように、注意深くやるようになるのと、制限時間があるため少し緊張感を持って取り組むことが出来るのがポイントです。何よりも数をこなすことが練習になるため、そういった練習用のサイトで1日にどのくらいやるか目標を決めておいて、どんどん練習を進めていきましょう。少し難しい練習問題に挑戦するとさらに良いです。

ブラウザのタイピング練習ゲームが最適

パソコン初心者がブラインドタッチを効率的に習得したい場合には、ブラウザで動作するタイピング練習ゲームが最適です。ブラウザをインストールすれば、他のソフトなどをインストールする必要がなく、ほとんどのサイトが無料で利用できるので、気軽に始められます。画面上にタイピングしているキーが表示されるサイトもあり、実際のキーボードを見ないようにしながらキーを叩く癖をつけるのにも便利です。サイトによっては初心者向けから上級者向けまで、様々なコースが用意されていて、出題数や制限時間などを細かく調整できる機能が備わっていることも多く、パソコン初心者のブラインドタッチの練習に最適です。このようなサイトを活用すれば、効率よくブラインドタッチを習得できます。

ホームポジションを頭に入れ正しい位置に指を置く

大切なことはパソコン上でのホームポジションを頭に入れることで、正しい位置に指を置くことから始まります。これがいい加減だと脳がそのまま認識するのでミスが多くなり、修正もしづらくなります。後はそれぞれの指が担当するキーを覚え、実際にキーボードで打ってみるかトレーニングシートを利用して練習します。初心者はパソコン上でなるべく指をずらす練習を繰り返し、少し慣れてきたら小指でEnterキーを打った後、意識してホームポジションに戻るようにします。初心者のうちは無理をせず手元を見ながら操作するようにしていれば、そのうち無理なく指がホームポジションに戻るようになるので、自然とブラインドタッチを習得できます。

打ちやすいキーボードを使用することが大事

初心者が要領よく効率的にブラインドタッチを習得するには、打ちやすいキーボードを使用することが大事です。使いにくいキーボードだと、物理的なストレスが生じて集中することが出来なくなってしまいます。習得する際のコツとしては、ホームポジションを常に意識して指を置いたときの感覚や距離感を覚えておく、姿勢を正しく維持してなるべく手元を見ないようにする、使わないキーボードは予め抜いておくなどがあります。

ゲーム感覚で遊べるタイピングソフトを試す

実際にブラインドタッチを習得するためにどうすればいいのかというと、経験が重要になってきます。とはいっても文章を打ち込むだけでは、集中力が続きませんからゲーム感覚で遊べるタイピングソフトを試してみましょう。タイピングソフトは、時間内に画面に表示された文章を打ち込むものですから、適度な緊張感を持てますし、時間や打ち間違いの数などがスコアとしてでてきます。その成績を良くするために頑張れば、次第にブラインドタッチができるようになります。あと、キーボードを見ないと不安だと言うならば、いくつのかのキーに少し盛り上がった凸点シールを張り付けておきます。シールに触れたことは指の感触でわかりますから、打ち間違いが少なくなります。

サイトマップ

パソコンおすすめの情報サイトPASOCONのページ一覧表はコチラ

関連ページ

以下は、パソコン操作に関連するページです。

ページのトップへ戻る