パソコン初心者におすすめ|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

自作PCの構築が分かりやすい初心者向けの本の紹介

パソコンの仕組みを理解している。これは、自作PCへの挑戦が可能な初心者ともいえる部分です。必要なパーツには、どのようなものがあるのか、それぞれの部品をどのように装着すれば良いのか、必要な工具類も揃っているなどが必要最小限の構築の基本です。ただ、挑戦してみたけれど動かなかったり、必要なものが足りなかったり悪戦苦闘される人も多いのではないでしょうか。頭の中ではわかっているけれども、実践となったときは、考え通りにできないなど決してゼロではありません。こんなときは、専門書を通じてテクニックやノウハウを学ぶのが良いでしょう。ここでは、アマゾンで販売している初心者向けの自作PC構築の本の魅力を紹介しています。

自作PC初心者におすすめの本の魅力

自作PCの構築が分かりやすい初心者向けの本の紹介

アマゾンで買える自作PC構築で役立つ初心者向けの専門書籍の魅力を紹介しています。

アマゾンで買える自作PC構築の本の紹介

自作PCで必要なもの、それは各パーツを収納して構築するために欠かせないケースです。一般的に、自作PCはデスクトップ型でネジ類などはなくケースだけといった構成になっているためハードディスクを固定したり、マザーボードを固定する、電源ユニットを取り付けるときに利用するネジ類はそれぞれのパーツに付属しているものを使う、もしくは別途買い求めが必要になることもあります。マザーボードは、メモリやハードディスクを取り付けるためのベースとなるプリント基板の総称で、CPUや電源ユニットなどは付属していませんので、必要なものをすべて買い揃えておく必要があります。デスクトップタイプのマザーボードは、メモリの拡張スロットが3つや4つなどの数になっているので、より多くのメモリを装着したい人にとって魅力的な存在といえましょう。

ただし、メモリはなるべく同一メーカーの同じ容量のものを選ぶことが推奨されており、異なるメーカー品や容量が異なるものを組み合わせて使うと本来の性能をフルに発揮できないこともあるので注意が必要です。CPUは心臓ともいえるパソコンパーツの一つで、メモリと同じくマザーボードとの相性が選ぶ際のポイントになってきます。どのようなCPUとマザーボードの相性が良いのかなども本を使えばノウハウなどが掲載されていますし、少しでも安く手に入れるためのテクニックなどが紹介されているものもあるので、アマゾンで購入される際には各書籍の口コミ評判をチェックしてみるのもおすすめです

ちなみに、アマゾンの商品における評価は主に商品というよりも販売を行っているお店のものが多くありますが、初心者向けの自作PCに関する書籍の評価は、内容に触れているものもあるので参考にできます。例えば、CPUコーナーの記事の中では、AMDのCPUの裏側は昔ながらの剣山のようなものになっていて新しい発見をしたと内容に関して評判を見ることができますし、AMDのCPUはメモリにも相性が発生する可能性も多少なりあるなど、メーカーごとのノウハウが掲載してあるので初心者が自作するときなど役立つ情報が多数掲載してあるのでおすすめです

CPUがメモリーにも相性が発生する可能性がある。これはマザーボードとの相性も考えると選ぶのが非常に難しいなどのイメージになるのではないでしょうか。マザーボードとCPUの相性が良くても、選ぶメモリとの相性が悪ければ性能をフルに発揮できないことになるなど初心者にとってのハードルが高い理由付けにもなっています。専門店などに行くとお店のスタッフさんが色々教えてくれる、このマザーボードとの相性が良いメモリやCPUはどのようなものであるのか、その場で教えてもらうことはできるわけですが、通販サイトを利用してパソコン部品を購入するときにはテクニックなどを聞くことができないわけですから、自らの知識を向上させなければなりません。

電源ユニットも色々なものが各メーカーから販売されているけれど、購入したケースに合うものを選ばないとシャーシーに穴を開けて購入しなければならないことも出てきます。さらに、電源ユニットに接続されているケーブルが短くてマザーボードに届かない、このようなトラブルが起きることがあるので利用するボードと電源ユニットの距離を計算してそれに合うものを選ぶことも必要になってくる、延長したいときはケーブルを別途購入することになるけれど電源ケーブルには色々な種類があり、ピン数は合っていてもハーネスの形状が異なると繋げないこともあるなど、専門書を通じて勉強することができるはずです。

ハードディスクには、いくつかの方式があるけれども、マザーボードに接続可能なものはATAタイプが主流になっている。ATAタイプは、どのような方式のハードディスクであるのか基礎的なものも書籍を通じて把握ができますので、自作PCの構築を考えたときには、最初にアマゾンの通販サイトを利用して本を選ぶこと、できれば初心者向けなどのようなワードで検索すると基礎から学ぶことができる書籍に巡り合えるチャンスが高まります。後は、必要なパーツを相性などを踏まえ買い揃えて組み立てで完成を目指しましょう。

関連ページ

以下は、自作PCに関連するページです。

ページのトップへ戻る