パソコン初心者におすすめ|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

自作PCの構築やパーツ選びでおすすめしたいこと

初心者が自作PCの構築をする上で、気を付けてほしいこと、パーツ選びでおすすめしたいこと、コストを減らして作るコツなどを紹介しています。

初心者の自作PCでおすすめしたいこと

自作PCの構築やパーツ選びでおすすめしたいこと

自作PCを構築するのに初心者でも挫折せず理解できるよう紹介しています。

初心者におすすめしたい自作PCとは何か?

パーツ単体であってもネット通販で取り寄せられるようになった、作り方がオンラインで簡単に調べられるようになったなどの理由から、平成初期の頃に比べれば圧倒的に自作PCが作りやすくなりました。ただし自作PCに関する知識がまったくない初心者の方は、基本に則って一般的におすすめだとされている作り方から試したほうが安全なのも確かになっています。初心者の方は、まずしっかりと動くPCを作ることから初めて、慣れてきたらスペックにこだわると良いと言われているからです。

初心者におすすめしたい自作PCとしては、PC組立代行サービスが完成形として提供してくれる物が挙げられます。知識に乏しい状況でパソコンを一から組み立てるのは大変ですし、間違ったパーツを選んでしまってパソコンが起動しないなどのトラブルが発生する危険性もあります。だからこそPC組立代行の専門業者とパーツや予算を相談しながら、プロのお墨付きをもらいながら組み立てていけば、少なくとも動かないパソコンになるということはありません。お金はかかりますが、一番最初はプロの力を借りて作る自作PCが初心者の方には最もおすすめだということなのです。費用対効果重視でPCを組み立ててくれる業者もたくさんありますので、予算が少ない初心者でも安心になっています。

初心者のためにおすすめしたい自作PCキットとは?

自作PCキットはユーザーが組み立てできるよう、動作確認済みのパーツをまとめて購入できるキットです。動作確認済みのパーツがセットになっているので、パーツ選びに失敗することなく初心者も組み立てることができます。いろいろな自作PC入門キットがあり、ネットショップなどで気軽に購入することが可能です。いろいろなメリットがあり、相性問題や互換性といった難しい部分を考えず、パーツ選びができます。難しいパーツ選定がないので、自作PCに初心者も挑戦することが可能です。

初心者で多いのが部品選びに失敗したケースで、パーツ同士が挿さらなかったり、組み立てられなかったというケースもあります。相性問題や互換性などで引っかかり動かなかったなど、いろいろなトラブルが想定されるでしょう。特に難しいのがパーツ選定で、いろいろな項目をチェックしなければいけません。

ソケット形状やマザーボードのソケット形状がマッチしているかなど、いろいろな項目があります。もしマッチしていないと組み立てることができず、規格や対応するバージョンが間違っていると、パーツを挿すことができません。挿せてもうまく動作しないなど、間違えてしまうと痛手です。自作PCのパーツ選定を間違えてしまうと、組み立てられないリスクがあるので、特に初心者は、パーツを選ぶ必要が無い自作PCキットがおすすめです

初心者におすすめの自作PC入門キットとは?

PCを自作したい方は、そのノウハウや知識が最初から存在すれば、特に問題なく行うことができるはずです。しかし、大抵はノウハウ自体が存在せず、知識もそれほどない、自作PCを作った実績がない初心者がほとんどとなります。その場合には、まずはベアボーンPCがおすすめになり、その理由はベースとなるPCケース、電源、マザーボードが存在するためです。つまり、あらかじめ構成するための基本のパーツがあるので、そこに対応するメモリ、CPU、HDDを乗せるだけで完成させることができます。

何が必要か、どの部品をどのように揃えていくかまでを理解することができるので、自作PCを組み立てたことがない方は、ベアボーンPCから揃えると良いです。なお、メモリとCPUとHDDは、標準化され、大きさも統一されているため、問題なく入手ができます。しかもスペックに、こだわることもでき、その構成ができて起動することができれば、性能が上げるため、パーツを交換していくことも可能です。初心者でも、とっつきにくい自作PCは、ベアボーンPCを利用することで、必要な部品や構造自体までも理解できてしまうので大変おすすめになります。多くの初心者が自作PCを手に入れたい場合、ベアボーンPCから始めることが圧倒的に多いです。

自作PCの組み立ては初心者なら代行業者がおすすめ

自分に適した性能の良いPCを使いたいのであれば、自作PCがおすすめです。一般的なPCは、様々な機能が付いていますが、実際のところ、ほとんど使わない機能ばかりです。余計な機能が無い分、購入費用を安く抑えることができるメリットもあります。ただ、初心者は自作PCの知識がほとんどないと思われるので、代行業者を利用することをおすすめします

私も代行業者を利用した経験があります。自分のニーズに合わせてパーツを選んでくれますし、専門のスタッフが組み立てを代行してくれるので、初心者が組み立てるより安心です。また、動作チェックをしてくれることも魅力です。パーツ選びや組み立てなどは、初心者にとって少し難しいです。

ただ、代行業者も様々なところがあるため、信頼して任せることができるところを選ぶことが重要です。私が利用した際は、3つの業者を検討しました。最初に良いと思っていたところの評判が良くなかったので、スキルが高くて、利用者から評価されているところに決めました。費用の安さで決めてしまう方が少なくないですが、トラブルなく安心して利用できることが1番大事です。安さだけで決めてしまい、クオリティの低い自作PCになってしまっては本末転倒です。

本を見ながら自作PCを作る方法が初心者におすすめ

自作PCを組み立てるときは、必要なパーツをすべて買い揃えなければなりません。どのようなパーツが必要になるのか、初心者でも自作PCを作ろうと考えているのであれば、ある程度分かるかと思われますが、パーツを購入したらメモリが実装されていなかった、CPUを購入したけれどクーラーが無かったなど、初心者にありがちな落とし穴もついて回ることもあるなど、パーツの選び方や必要な部品の種類、そして構築方法などは専門書ともいえる本を使うのがおすすめです

自作PCでは、マザーボードやケース、電源ユニットやハードディスクなど色々な部品が必要になります。マザーボードには、CPUやメモリなどが装備されていないので、別途選んで購入しておく必要もあるわけです。マザーボードは、パソコンの心臓ともいえるCPUやメモリ、ハードディスクなどのハードウェアを取り付けるためのプリント基板で、セット品などを購入した場合に、ある程度必要なものが揃っているけれども、個別に購入する場合にはボードとの相性なども考えることが大切です。その点、本を使えば、どのようなものを組み合わせれば良いのか、構築方法なども詳しく掲載されているので、初心者が自作PCにチャレンジしてみたいといったときなどおすすめのやり方です

安心して自作PCが組み立てられるおすすめの手順

実のところ自作PCは、さほど難しいものではありません。必要な部品を取り付ければいいだけなので、初心者でも作ることができます。それでも作業が楽に進められる手順の王道はあります。組み立てに際しては、まず必要な部品や付属品が、そろっているかを確認します。必要なPCパーツは、CPU、メモリ、マザーボード、電源ユニット、PCケース、HDDもしくはSSDのパーツに加え、CPUクーラーやグラフィックボードが必要な場合があります。

おすすめの手順ですが、まずはマザーボードにCPU、そしてCPUクーラー、次にメモリ、そして記憶媒体の順に取り付けていきます。特に注意を払いたいのは、CPUとメモリです。CPUは、ふたを開けて位置を確認して置いてふたを閉め、その後レバーで固定します。また、メモリはスロットのラッチを開いて差し込みます。いずれの部分も繊細で壊れやすく、静電気の影響を受けやすいので注意深く作業することが大切です。

その後、電源ユニットをつないで電源を入れ、動作確認をします。動作確認の際に、モニター画面やキーボードもつないでおくことが大切です。正常に動作していることを確認出来たら、PCケースのサイドパネルを外して、マザーボードのねじ穴に合わせて取り付けます。取り付ける際は、両方のサイドパネルを取り外しておくと付けやすいです。

自作PCのパーツを揃えるならネット通販がおすすめ

パソコンは、家電量販店などで様々な商品が販売されています。既製品は購入後にすぐに使えるというメリットがありますが、なかなか好みに合うものが見つからないという人もいるのではないでしょうか。よりこだわりを持ってパソコンを選ぶなら自作PCを作ることも考えてみましょう。自作PCは、パソコンの起動に必要なパーツを自分で選択して組み立てることができます。

自作でパソコンを作るなら、様々なパーツが必要になりますが、家電量販店では購入できるパーツが限られていますし、自作に対応した商品もそれほど多くありません。より多くのパーツから選びたいのであれば、ネット通販がおすすめです。自作PCを作るには、CPU、メモリ、マザーボード、光学ドライブなど様々なパーツが必要になりますが、ネット通販では専門店も多く存在します。

実店舗とは違い、展示場所に制限もありませんので、実に多くの商品から好みに合うパーツを選ぶことができます。また、お店を探し回る手間もありませんし24時間いつでも利用できるので、忙しい人も無理なく買い物をすることができます。ネット通販サイトも、サイトごとに品揃えや価格には差がありますので、複数のお店で比較して安心して購入できるお店を見つけていきましょう。

ネットで買える自作PCパーツのおすすめの探し方

パソコン機器の知識力、技術力のある方は、市販品のパソコンではなく自作PCを作って自分好みの仕様に仕上げる方も大勢いるのではないでしょうか。大都市圏の場合は、市内にPCパーツの販売店が営業していることもありますが、近隣にない場合は、通販サイトの利用がおすすめになります。取り扱いアイテム数の多い通販サイトでは、熟練者は勿論のこと、初心者でも買い物がしやすいように、各PCパーツのジャンルにおいて分かりやすい説明と共に写真を掲載している通販サイトであれば利用をおすすめします

市販よりも処理能力の高いパソコンを自作するほか、ネットゲームをする際に処理能力が高く動きが速いこと、美しいグラフィックボードなどを搭載する際にも自由自在に選べることは魅力的ではないでしょうか。実際に自作PCを組み立てる方は、新しいパーツが販売されると、能力を高めるためにパーツ交換を随時行うことも珍しいことではありません。通販サイトを利用すると新着のパーツをいつでも入手できることは魅力に感じることは確かです。この方法で一度組み立てを行った自作PCの場合、通販サイトで随時、安くて品質の良いパーツを見つけて交換を繰り返すことで結果的にコストカットも行えます。

自作PCの構築でおすすめしたいCPUとは?

自作PCは今では多くの方が、オンラインゲームなどをするのに作られるようになりました。そこでここでは、これから自作PCを構築する方に向けた、初心者でも扱いやすいCPUのおすすめ商品を紹介していきましょう。おすすめのCPUは、インテル社製のcore7です。1.4Mhzの周波数を放っていてグラフィック再現能力が非常に高いのが特徴です。特にMMORPG愛好家の間で高い人気となっており、現段階では9世代まで登場しています。

構築をする際、マザーボードに接続するのが特徴なので、必ず本体を分解して取り付けないといけません。初心者だと最初は、自分でパソコンを分解するのが怖いという方もいるでしょうが、パソコン専門店なら、自作PCの組み立て代行業務もされています。もし自分で組み立てられないときは、そのサービスを活用するのもおすすめです

自作PCの良さは、お手頃価格でハイスペックマシンを用意出来る点です。CPUは単品で購入すれば非常に安くなるので、なるべくグレードが高いものを選ぶと良いでしょう。おすすめのチップを取り込めば、末永く高能力を有しているオンラインゲームを快適にプレイし続けることが可能です。

自作PCの構築で初心者におすすめのグラボとは?

現代のグラフィック処理は性能が上がったことにより、CPUに付加された内臓グラフィックで通常の作業は滞りありません。しかし画像加工や動画編集などの負荷の重い作業をするのならば、グラボを搭載することで作業性を上げることが出来ますので自作パソコンやBTOパソコンを導入する時に、構成と予算に追加しておくことがおすすめです

初心者にもおすすめ出来るグラボは、ミドルクラスの価格帯の物で、超高性能ではありませんがコストパフォーマンスに優れており、ゲームや画像加工にも力を発揮出来る実力を兼ね備えています。グラボのブランドは、NVIDIAのGeForceとAMDのRadeonが有名です。自作PCには、この二つのブランドの普及価格帯である2万円から5万円程度の販売価格のモデルを選ぶことがおすすめです

どちらのブランドにも特徴があり、ゲームなどが得意であったり画像加工などが得意であったりなどの特徴があり、CPUとの相性もあるので事前に調べておくことが重要になります。買う時期によって価格が異なり、新発売の時期やパーツの市場在庫が少ない時は高くなり、逆に新モデルが発売されて型落ちになった時などはお求めやすい価格で購入することが出来ます。

動画編集や映像制作の自作PCでおすすめのグラボ

グラボとはグラフィックボードの略称で、PCパーツの中では映像制作や動画編集を行うユーザーから人気を集めているものです。人気を集めているというよりも、動画編集や映像制作の中ではハイクォリティの動画データを扱うことになったり、ファイル容量も大きくなりがちになるなど、グラボのような専用のPCパーツが必要不可欠になります。描写がスムーズになるなど、動画編集や映像制作には欠かすことができない存在ではありますが、自作PCにおすすめのグラボメーカーといえばRadeonやGeForceなどが挙げられます。

ただ、自作PCの場合だとCPUやマザーボード、メモリなどとの相性があるためRadeonやGeForceの中でも既存のマザーボードとの相性を考えることが大切です。一般的に、マザーボードやCPUには、仕様書が添付されており相性が良いグラボが紹介されていることもあるので参考にされると良いです。仮に、仕様書にそのような情報がない場合には、PCパーツを販売しているお店のスタッフに尋ねる、もしくは通販サイトを利用するときにお問い合わせフォームを活用して、動画編集や画像制作に最適なRadeonやGeForceのグラボの中でおすすめとなるものを訪ねる方法もあります。

自作PCのパーツ選びでおすすめしたいコツ

自作PCで重視したいのは、ケースの大きさであり、内部に余裕があるスペースがあることで排熱性が高くなるメリットを持ちます。それだけではなく作業性も上がり、さらに汎用性や拡張性の自由度が増すなどの多数の長所があるのです。特に初心者ならば、組み立て時に余裕を持って作業が出来るように、大き目のケースを選ぶことがおすすめになります

PCパーツは、相性があるためにショップで推奨の組み合わせを確認して、分からない場合は、プロショップのスタッフに傾向を質問しておくことが大切です。メーカーによって認識が、し難い物や性能が発揮出来ないなど特徴があり、新型のパーツに対応していないなどスペックが足らないことも少なくありません。構成パーツをアバウトに決定したならば、マザーボードが対応しているか調べましょう。

高性能なビデオカードやCPUを組み込みたい場合は、電源ユニットを大型の物にする必要性があります。発熱が高いためにファンもなるべく大き目で高性能な物を選び、適切に冷却しなくてはいけません。このバランスを間違えてしまうと、長時間使っていると内部に熱が溜まってしまい、速度低下やエラーなどを頻発してしまう結果になるのです

自作PCの構築で不具合になりづらいおすすめの対策

自作PCの長所として、用途に最適な構成になるPCパーツを選択することができます。費用対効果が高かったり、メンテナンスがしやすいことがメリットです。コストパフォーマンスの高いPCを作ることができ、初心者でも気軽に制作することができるでしょう。自作PCには、いろいろなメリットがあり、パーツ構成を自由にアレンジすることが可能です。

CPUは高性能なモデルを選択しておき、他のパーツを廉価帯にすることができます。パーツのグレードをうまく調整することによって、相性問題や初期不良といったトラブルを抑えることが可能です。価格を低く抑えることができ、パーツの組み合わせについて無限大と言えるでしょう。ハイスペックPCやエコPC、リビングPCなど利用目的によって、パーツの選択方針が分かれます。

4K映像や高画質画像編集、3Dゲームなど大きな負荷がかかる作業を行うなら、ハイスペックなパーツをおすすめします。大容量メモリーや最新ビデオカードを使用することによって、処理速度が上がり快適な環境において作業を進めることが可能です。動画配信作業をスムーズに行いたいなら、PCの基本性能がポイントになります。最新の周辺機器や編集ソフトなどを動かせる高性能なCPUが必要で、大容量メモリー且つ超高速なSSDなどバランスの取れた構成が求められます。

コスパにあう自作PCを作るためのおすすめの方法

自作PCの醍醐味と言えば、コストパフォーマンスを徹底的に追求できる点です。市販品の場合、予めマシンスペックが決まっているので、ユーザー側の工夫や努力で費用対効果を引き上げる事は困難です。近ごろは一部の仕様をユーザー側でカスタマイズできる市販品も出てきましたが、選べる範囲は限定的で費用対効果を大幅に引き上げる事はなかなか出来ません。

自作PCなら文字通りパーツ単位で、カスタマイズが可能です。自分の好みや予算で、目的に合わせてCPU、電源、グラフィックボード、PCケース、メモリ、ハードディスク、SSD等が選択できます。様々なカスタマイズ方法がありますが、自作PCの初心者の方は、故障しづらい有名メーカーの新品の物、玄人ユーザーが推奨するメーカーの物を中心に選んでいきましょう。最初から尖ったメーカー品を選んだり、アウトレット品や互換性に不安が残る廉価版を買うのは避けたいところです。

費用対効果と将来の拡張性を考えるなら、パーツ選びにメリハリをつける事がおすすめです。後から比較的交換が簡単なメモリはコストパフォーマンスの良いモデルを選び、後から変更が困難な電源やCPUは、なるべく高級品を選ぶ事が求められます。

自作PCの性能を計るおすすめの方法とは?

ベンチマークの役割は、自作PCに一定の負荷を与え、パソコン内部の性能を計測することにあります。ここでは、初心者の自作PCにおすすめできるベンチマークソフトを紹介しましょう。最初は基本の「PCMark」という有名ベンチマークソフトがおすすめです。自作PCでは、様々なアプリケーションやWEBサイトを閲覧する事になりますが、そうした作業全般の性能を計測する事が可能です。

初心者の自作PCは、ゲーミングパソコンのためというケースも多いですが、それらに対応しているベンチマークソフトとしては「3DMark」が最良と言えるでしょう。画面に近い3D画像を再現できるソフトで、映像をどれだけ高速に再現できるかを把握することが可能です。単純に自作PCのスペックを計測したいというだけであれば、初心者向けの「CrystalDiskMark」も良いソフトと言えます。

これは、簡単に内部のストレージ速度を計測してくれるソフトで、初心者はもちろん上級者でもテスト的に使用することがあります。「IsMyHdOK」もストレージ計測ソフトとしてはおすすめで、テスト時間を選ぶことが出来るというメリットがあります。これらのベンチマークソフトはWindows対応となっており、WEBサイトからダウンロードする事が可能です。

自作PCパーツ選びで失敗しづらいおすすめの方法

自分でPCを作成しようとチャレンジするのはとても面白いことです。販売されているPCではなく、自分仕様のPCでゲームや作業をすると贅沢な気持ちが味わえます。しかし自作の作業がすんなりと進むというのは、わずかなことです。ほとんどの人が、何らかの壁にぶち当たります。多くの人が最初に困ってしまうのがマザーボートの選択でしょう。自作PCパーツ選びは、このマザーボードの選択が非常に重要になります。すなわちマザーボードさえきちんと選択できれば、その後あまり困ることはないと考えてください。

さて選択の方法ですが、マザーボードの仕様を基準に選ぶことから始まります。パソコンの主要なパーツは、CPU、ビデオカード、メモリ、ストレージ、電源ユニットになります。これらを全て搭載できるマザーボードを選ぶ必要があります。つまりパーツ選びでは、マザーボードの仕様を基準に選ぶのが最適な方法なのです。こうすることで効率よく作業が進められ、後から頭を抱えるような状況にならずに済みます。ちなみにマザーボードを選ぶ時には、チップセットを決めてからCPUソケットを確かめ、規格であるフォームファクタを選択するという順番で行います。しかし初心者にとっては、自作PCにチャレンジするときのマザーボードの選択では色々と疑問も多いので、やはりショップの店員に相談するのをおすすめします

カテゴリー

以下は、PASOCONのカテゴリーです。

ページのトップへ戻る