パソコン初心者におすすめのサイト

自作ゲーミングPCの構築で失敗しないためのパーツ選び

現在、お金はあまりないけれどゲーミングPCを自作したいと考えている方は、少なからずいると思います。そこで、予算10万〜30万台で作れる自作ゲーミングPCの作り方について紹介します。初めての方でも分かるように書いていく為、ゆっくりと読み込むことをおすすめします。

まず始めに、限られた予算の中でゲーミングPCを自作する為には、PCパーツ1つ1つの値段を下げることが重要です。PCパーツ1つの価格を抑えることで、全体の値段も下げることが出来るようになります。また、値段は下げることが出来たけど性能も下がったということが無いように、しっかりと作る必要があります。値段を抑えつつ高性能の自作ゲーミングPCを作る為には、インターネットや店舗を活用して安いPCパーツを見つけることが必要です。

普段からインターネット上や店舗で、PCパーツの価格をチェックしておき、安くなったタイミングで購入出来るようにすることがおすすめです。そして、キャンペーンを活用することで安く購入することが出来るので、情報収集をしっかりと行うことが大切になります。うまく情報を集めて、良い自作ゲーミングPCを作れることが出来るようすることが重要です。そこでここでは予算10万~30万円台の自作ゲーミングPCに最適なPCパーツを選ぶにはどうしたらいいのかコツを紹介します。

CPUは重要なパーツ

CPUは、ゲーミングPCにおいても重要なPCパーツなので、バランスの良い選択や構成にすることが肝心です。グラフィックボードとの兼ね合いもあるので、予算や求める性能と相談して、妥協のない選択を行うのがポイントとなります

IntelのCoreシリーズは、ゲーミングPCに適している選択肢で、選択肢が限られるCPUというPCパーツの中でも定番です。10万円の予算でゲーミングPCを自作する場合は、最新世代で6コアのi5-9600Kが狙えます。コア数を倍増させるハイパースレッディングは使えませんが、物理コアで分散処理できますから、重たいゲームも動作します。

予算が20万円になってくると、CPUの予算を削ってグラフィックボードに回すか、グラフィックボードよりもCPUにお金を掛けるかという悩みが生じます。CPUを重視するなら、i7の9700Kが手に入りますし、グラフィックボードも最新世代のRTXで揃えられます。

30万円になるとだいぶ自由度が高まり、最上位で妥協のないi9の9900Kを選ぶことが可能です。8コアでしかも16スレッドですから、どれだけ重たいゲームも快適になりますし、ゲーム中に他の作業も並行して行えるでしょう。

GPUやCPUに予算が費やせない場合メモリで補う

ゲーミングPCを自作する場合に最も重要になるのはGPUとCPUですが同様にメモリも重要度が高く、予算があまり多くなくGPUやCPUに費やせる資金が多くない場合は、メモリで補うという計画を持つ事も大切です

予算が10万円から30万円の間でゲーミングPCを自作する場合は、予算の関係上64GBを搭載させると予算オーバーになってしまうため、予算が30万円の場合でも32GBが最高となります。予算が10万円ならメモリは8GBもしくは16GBという事になりますが、現在のオンラインゲームは以前に比べグラフィックが高度になっているため、多くの処理能力を必要とします。

そのため、以前はゲームを楽しむために整えなければならない環境は8GBのメモリである事例が多かったものの、今日では16GBを搭載していなければ楽しめないゲームがとても増えています。ゲームの進行に悪影響を及ぼす事のみならず、そもそもゲームが始められないという事態に見舞われないためにも、よほどの事が無い限りメモリは16GBを選ぶべきです。

そして、PCパーツにはそれぞれランクがあり、メモリについてもDDR3やDDR4といった種類に分かれています。DDR4はDDR3よりも処理速度が2倍になった規格なので、同じメモリ容量でも処理速度に差が生じるため、できるだけ速くすべくDDR4から選ぶようにしましょう。

限られた予算でグラフィックボードを上手く選ぶ

ゲーミングPCを自作するからには、重要なPCパーツの1つ、グラフィックボードも妥協したくないものです。しかし予算という壁が立ちはだかるので、その中で上手く選択することが大切です

予算が10万円台であれば、nVidiaのGTX1060が狙い目となるでしょう。世代的には1つ前ですが、HD解像度までなら今でも十分に通用するグラフィックボードです。

15万円まで予算を増やせる場合は、更に上位のGTX1070Tiが視界に入ってきます。GTX1080との間に位置するグラフィックボードなので、PCパーツとして魅力的ですし、ゲーミングPC全体の性能底上げにもなります。

予算を20万円まで用意できるなら、最新世代のRTX2070を選ぶことが可能です。4KやVRにも対応しますし、最新のレイトレーシングも体験できるので、まさに魅力的な選択肢だといえます。メインストリームのRTX2080を狙いたいならば、予算を30万円に近い27、8万円まで引き上げる必要があるでしょう。

30万円という大台に乗ると、ようやくRTX2080Tiが見えてきますから、妥協したくない場合は予算を30万円に設定するのがおすすめです。最新のゲームに対応するゲーミングPCを作るなら、最低でも20万円は欲しいところです。

光学式ドライブは安価なブルーレイディスクで十分

ゲーミングPCに光学式ドライブの利用は最近は減少傾向にあります。しかしブルーレイディスクで起動するゲームも少なからず存在するので最低限読み取り式のブルーレイディスクドライブを5インチベイに設置しておくと良いでしょう。光学式ドライブはディスクの読み取り時のみにモーターが駆動して音が響きます。そのためできるだけ静音性能が高い光学式ドライブを利用すると快適にゲームを楽しむことができるでしょう。

他にも光学式ドライブを接続するために必要なSATAケーブルを用意しておくと良いです。SATAケーブルはマザーボードに付属している普通のSATA3ケーブルで問題はありません。ゲーミングPCに利用するPCパーツの中でも光学式ドライブはバルク品などの安価な商品の購入に済ませても問題はありませんが、品質については考慮すると良いです。

特に大切なゲームのブルーレイディスクを読み取るときに読み取り面を傷つけてしまったり、取り出しのボタンを押しても取り出すことができない状態であれば購入したほうが良いでしょう。ブルーレイディスクはDVDよりも読み取り面がデリケートになっているので特に使用する光学式ドライブのメーカーには注意が必要です。

高速アクセス可能で廃熱処理ができるSSDに注目

SSDは、廃熱処理と高速アクセスに注目して選んだほうが良いでしょう。SSDはPCパーツの中でもHDDとは違ってモータ駆動ではないので低消費電力で発熱量も少ないと思われがちですが大量のアクセスが発生すると廃熱処理が追いつかなくなってしまいます。結果的にSSDの寿命を縮めてしまう原因になるので可能であればヒートシンクを設置して冷却ファンを使用して熱問題を解決させましょう。

ローカルディスクに3Dデータを読み込むことが多い場合は、従来のSSDよりも高速アクセスが可能なM2型の製品を活用することも一考です。値段がSATA接続のSSDよりも2倍になってしまいますが、一秒で3GBの情報を読み込むことができます。まさに容量の大きい3Dゲームを読み込む際には非常に有効です。もちろんM2型のSSDも冷却ファンを使用してしっかり排熱問題を解決していくことが重要になります。おすすめできるSSDのメーカーはTranscendやIOdata製などが良いでしょう。特にTranscendの製品は故障しにくい構造になっており低価格でコストパフォーマンスも良好です

安価なPCIe接続のサウンドカードでノイズを減らす

予算が10万円から30万円台の自作ゲーミングPCには、SB-AGY-FXが最も最適なサウンドカードです。5.1chのサラウンドサウンドに対応しているので、対応したヘッドセットを使えばゲームをプレイする際に立体的な音で楽しめます。前後左右の様々な方向から音が聞こえることで、通常よりも臨場感を高めてゲームをプレイすることが可能です。

取り付け方法はとても簡単でマザーボードのPCIe端子に挿すだけで、ケーブルの接続なども一切必要ありません。簡単に接続することができるのでPCパーツの知識がなくても、すぐに接続して高音質なサウンドが楽しめます。

SB-AGY-FXの一番の特徴は3000円程度で購入できることで、サウンドカードの中でもとても安い製品なので、予算が限られているゲーミングPCに向いています。マザーボードのオンボードチップだと、他のパーツとの相性などの問題で音にノイズが乗りやすいです。しかしPCIeのサウンドカードを取り付ければ、他のパーツから発生するノイズなどの影響を受けにくくなります。またノイズが減るだけでなく音質の向上などの恩恵も受けられ、低価格帯のサウンドカードとしては、とてもコストパフォーマンスに優れています。

大型で冷却機能が高いキットの導入が重要

冷却パーツは本格的な水冷キットを購入すると良いでしょう。特にグラフィックカードやCPU付近に熱が溜まってしまうと、冷却が追いつかなくなってしまうことがあります。結果的にファンの回転数が上がってしまい騒音の元になってしまうことがあるので水冷システムを導入することが重要です

もちろんPCパーツの中でも一番の騒音源になる電源部分の冷却も怠ってはいけません。電源ユニットの冷却には外側から大型のヒートシンクを接着して冷却すると良いでしょう。システムファンの回転によって、効率的に冷却が可能になるので寿命を延ばすこともできます。水冷システムを導入する予算が限られている場合は、大型のヒートシンクを搭載したサイズのCPUクーラーを採用すると良いです。

また、非常に大型で冷却機能が万全なので、CPUのオーバークロックを行う方にもおすすめできます。ただし、非常に大型のヒートシンクになっているので周辺のメモリやケーブルとの干渉を考慮した上で購入しましょう。以上のことからゲーミングPCを購入する際には大型で冷却機能の高い製品を導入することが重要です

ファンの回転数を下げて静音化を実現

静音パーツはサイズのファンが良いでしょう。サイズのファンは低回転で回すことができるようになっているだけでなく大型なので冷却機能も十分です。結果的に静音性能を高めることができます。それからPCパーツの中でも特に騒音源になってしまう電源とグラフィックカードについては、発熱量に応じてファンの回転数制御ができる製品を採用すると良いでしょう。最近では消費電力に応じてファンの回転数を制御する製品が販売されており、特に電源に関してはアイドル時に無回転なので無音に近い状態を維持することができます。

また、マザーボードについても適切なものを選んだほうが良いでしょう。マザーボードの中にはBIOSでファンの回転数制御を行うことができるものもあります。ASUSのマザーボードではそれが可能ですし、コンデンサーも固体のものが多いので安心して利用することができるのです。以上のことから静音パーツは低回転で回すことができるファンや、回転数制御ができる製品を採用していくことが良いでしょう。無音に近い状態を維持したいのであれば大型のヒートシンクを採用することも重要です

電源ユニットに予算の限りお金をかける

自作ゲーミングPCを制作する場合に注意をしたいのは、CPUやグラフィックボードの性能を十分に確保することです。最近のゲームは高速性が要求される面が多く、CPU性能やグラフィックボードの機能が貧弱ではゲームの醍醐味を味わうことができません。そのため予算の許す限りこの部分にはお金をかけたいものです。

高性能のCPUやグラフィックボードの場合には電源容量も相互に必要となるため、比較的耐久性の高い電源を用意することが必要となります。そのため、それぞれの価格に見合った電源を用意することが必要となるのです。その他にもPCパーツのバランスを考慮することが必要です

10万円台の場合にはCPUにお金をかけたいものですが、そのため電源ユニットは比較的安価のものを選ぶことが必要となります。CPUに見合った電源を選ぶことが重要で、最近ではサードパーティーの製品で1万円以下で購入できる高性能の電源ユニットも販売されているため、これを利用するのが良いものです。ただし10万円台ではグラフィックボードにそれほどお金をかけることができません。

30万円代であればグラフィックボードにも十分お金をかけることができます。ただしこれに合わせて電源ユニットも容量の大きなものに変える必要があるため、そのバランスを十分に考慮することが大切です。それ以外に電源を選ぶ場合は、アイドル時に静粛性能が高いCorsairが良いです。Corsairの電源ユニットは負荷がかかったときだけファンが回る仕組みになっているので普段の利用の際には静かで使いやすいでしょう。

PCケースは用途に応じて導入することが大事

PCケースは、用途に合わせて導入することが重要です。特に内部のパーツを電飾している場合はアクリル製のPCケースを導入することでLEDを見やすくしておくと良いでしょう。アクリル製のPCケースのメリットは難燃性にあるので、火災の被害も抑えることができるメリットがあります。冷却ファンなどのPCパーツを大量に利用したい場合は、ZALMANなどの冷却機能が高いPCケースを利用すると良いです。

ZALMANは前面と背面だけでなく側面までメッシュで作られているので冷却機能が非常に高いです。PCケースの内部の状況も、ケースを開封しなくても確認できるのでメンテナンスもしやすいでしょう。更に水冷キットなどを使用する際にも背面にチューブを通すことができる穴が空いていることがあるので非常に機能的です。

静粛性能を重視する場合は、クーラーマスターなどの製品を導入すると良いでしょう。クーラーマスターはケースの内側に防音シートを使用しているので、騒音源になりがちなグラフィックカードなどの音を遮断して快適にゲームをプレイできるようになります。電飾なども塞ぐことができるようになっているので、眩しくないです。

最初に選ぶパーツはグラフィックボード

自作ゲーミングPCを10万円から30万円程度の予算で製作したいけれど、PCパーツの予算配分が今一つ分からないという方も多いでしょう。まず最初に決めるべきポイントはグラフィックボードです。

なぜグラフィックボードを最初に決める必要があるかといえば、このパーツが最もゲームを快適にプレイできるかどうかに重要な影響を与え、なおかつ消費電力もPCパーツの中でトップクラスだからです最初に電源やケースを買ってからグラフィックボードを買うといった手順を取ると電力量が足りなかったり、ケースが小さすぎて収納できないといった問題が発生します

次にグラフィックボードはどれを選ぶべきかですが、これは現在主流となっているプレイステーション4とのマルチタイトルを遊ぶか、2020年ごろに発売されると言われているプレイステーション5とのマルチタイトルまで遊べることを目指すかで変わります。2018年現在までに発売されているゲームを遊べれば十分という考えならばGTX1060を、それ以上を求めるのであればRTX2070以上のグラフィックボードを購入するのがおすすめです

プロゲーマーに最適なマザーボード

マザーボードはASUSをお勧めします。ASUSはゲーマーの方向けに作られていて、遅延が発生しないように配慮されています。格闘ゲームやシューティングゲームなどでは一瞬の遅延が命取りになるので処理の遅延が少なくなっているマザーボードを選択しましょう。

もちろん他にもsupermicroがおすすめできます。supermicroは企業のサーバー向けの製品を主に販売していますが、ハイエンドクラスのゲーミングPCもいくつか用意しています。特にサーバー向けに作られているマザーボードはメモリが最大で2TB搭載できたり、CPUが4個も設置できたりするものがあるので予算が豊富にある方にはおすすめできるでしょう。

最近では企業向けに作られているサーバーの中古品が市場に流通しているので、ハイエンドパーツを安く手に入れたい方はそれらから流用することも一考です。

CPUとGPUを予算内で最適な物を選ぶ

予算が10万円前後の場合にはCPUをCorei3程度にして、その分GPUをGTX1060やRadeon RX 580にするという構成が最適です。ゲームではCPUよりもGPUの方が重要になる場合が多く、Core i7 8700Kなどはオーバースペックになることもあります。CPUの予算を削って、その分を他のPCパーツの購入に充てられれば、より快適なゲーミングPCが自作できます。PCパーツごとに割り当てる予算を自由に選択できる点も自作PCの特徴と言えます。選べるPCパーツが高価格帯より限られ性能は低いと思いがちですが、10万円台の自作ゲーミングPCでもゲームによっては問題ありません。

予算が20万円前後の場合にはCPUをCore i5 8400やRyzen 7 2700X相当のものにして、GPUもGTX1070などの高性能なものにするという方法があります。CPUはCorei5とCorei7では大きな差がないので、CPUをワンランク下げてその分の予算をメモリなどに割けばコスパが高くなります。

予算が30万円以上の場合にはCPUをCorei7やCorei9などのハイスペックにすることが可能です。i5とi7との差は小さいですが予算が多い場合にはハイエンドのものにしておくほうが、長く使えてマルチスレッドにも優れます。沢山の予算があればGPUも1080Tiなどにすることができ、メモリも32GBの大容量なものや、ストレージには大容量なSSDなども選択できます。

CPUとGPUは中古で予算を減らす

まずPCパーツで外すことが出来ないものがCPUとグラフィックボードの2つで、CPUはインテル社の「CORE i7」を購入しましょう。グラフィックボードはAMD社のストリーミングZ9がおすすめです。どちらも新品で購入すると15万円ほどしますが、中古で購入すれば約5万円ほどで手に入ります。自作するにあたって最も重要なことは、PCパーツは中古品を調達するということです。全て新品で揃えてしまうと既製品を買った方が安い場合さえあります。ゲーミングPCの命はCPUとグラフィックボードなので、あとのパーツは現在お使いのパソコンのものを再利用して組み立てるといいです。

CPUとGPU以外は中古で予算を減らす

ゲーミングPCを自作する場合にもっとも重要なことは、ゲーミングPCの要とも言えるCPUとグラフィックボードは新品で購入しそれ以外のケースやモニターなどのPCパーツは中古で買い揃えて費用を抑えるということです。

ゲーミングPCに向いているCPUはインテル社製の「CORE i7」で、グラフィックボードはAMD社製の「ギャラクシーZ9」です。この2つを新品で揃えると約10万円になります。次にゲームを快適にプレイするために必要なメモリーは16GBになり、こちらを新品で購入すると5万円は越えてしまうので中古のPCパーツショップをネット通販で巡り2万円程度のものを購入するといいです。

残りの本体ケースや冷却ファン・SSDなども中古だとそれぞれ5000円程度で購入すれば10万円から30万円台の予算で組み立てられます。はじめて自作PCを組み立てる方の場合、注意しておきたいのが静電気対策です。冬場など静電気が発生しやすい環境下でパソコンを組み立てるときは、しっかりと体中の静電気を放電させるかゴム手袋を着用して作業を行なってください。少しの静電気でもCPUとメモリーが故障する原因に繋がる為、自信の無い方は専門ショップに組み立てをご依頼するのが賢明です。

ページのトップへ戻る