パソコン初心者におすすめ|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

ゲーミングPC選びでパーツの相性を重視する理由

皆さんは、ゲーミングPCや自作PCをお持ちでしょうか。昔と比べて技術が発達したため、3Dゲーム等は進化しつつあります。なら、そのゲームを快適にする為に必要なものは?と聞かれると、答えは良いゲーミングPCか自作で組み立てたPCや他のゲーム機しかないのです。ただし、ここでミスしたらいけないのは、ゲーミングPCだから全て快適に動くというわけではないことです。どの製品にも言える事ですが、必ず中にはパーツというものが存在しています。ここでは、ゲーミングPC選びでパーツの相性を重視する理由を紹介しています。

組み合わせ次第で不具合が発生

ゲーミングの自作で注意したいのは、パーツの相性です。マザーボードやメモリなど一部の組み合わせでは、動作が不安定になり本来の性能を発揮できない可能性があります。たとえばマザーボードとメモリの相性が悪いと、急に動かなくなったりしますし、マザーボードとビデオカードの相性が悪いと画像が乱れたり出なくなったりします。その為、特に高性能なグラフィックボードを搭載しているゲーミングPCでは気を付けなければなりません。

CPUクーラーを選ぶときは、CPUをきちんと冷却できる品物を選ばなければいけません。冷却性能が不充分なクーラーを選ぶと、CPUの発熱によりゲームが正常に動かないおそれがあります。動作がおかしいと感じたら相性が悪いか初期不良の可能性があります。相性の問題を避けるために、しっかり情報収集をした上で自作してください。また、調べても分からない場合は、PCショップのスタッフに相談することをおすすめします。専門的な知識を持っている人が多いので、かなり役に立つ情報が得られます。

パフォーマンスが大きく変化

ゲーミングPCを自作するとき、パーツの選択はかなり重要です。どのパーツで組み上げるかによって、ゲームにおけるパフォーマンスが大きく変わってくるからです。例えばCPUとGPUの相性が良くないと、せっかくのパフォーマンスがゲームプレイ中に十分に発揮されません。せっかく奮発して高性能GPUと最新CPU搭載のゲーミングPCを購入しても相性が良くないと値段相応の性能を発揮する事が出来ず、場合によってはパーツの相性の関係で、プレイ予定だった作品が快適に遊べないという結果に至ります。

裏を返せばパーツ一つ一つの値段は安価で性能も平均的なものだったとしても、各々の相性が抜群に良い形で構成されていれば、ゲーミングPCとしての快適性は値段以上となります。

最高のパフォーマンスを発揮

ゲーミングPCでパーツの相性を考えなければならないのは、PC全体で最高のパフォーマンスを発揮させるためです。いくらCPUの性能が良くてもグラフィックボードが劣っていれば、それを滑らかにディスプレイに表示させるのは不可能です。

ゲーミング仕様にする場合、一般的なPCよりも費用が高くなりがちです。そのコストをできるだけ抑えることも重視しなければなりません。ありがちなのがひとつのパーツのスペックだけが秀ですぎていて、その他のパーツが追い付けない場合です。それだとわざわざ突出したパーツを高いお金を買う必要はありません。結局は基本となるパーツを元に、それと相性の良いものを選んだ方が良いというわけです。

相性が悪いと遅延が発生

一般的にゲーミングPCは、リアルな3Dの表示に耐えうるような高いスペックが要求されます。メモリと他のパーツとの相性が悪ければ、何をする場合にも遅延が発生しやすくなります。リアルタイムのオンラインゲームであれば致命的な欠点になりかねません。また、グラフィックボードと各パーツとの相性も重要な課題となります。遅延はもちろんですが、それ以前に正確に表示されないようなケースもあるからです。近年のPCゲームはグラフィックにこだわったものが多く、微妙な表現がゲームの進行に深く関わることも多いので気を付けなければなりません。

アンバランスだと性能が出せない

アンバランスなパーツ構成になっていると、CPUやグラフィックボードが持ち前の性能を十分に出せなくなります。例えばメモリが大量に搭載されていても、ゲーミングPCの頭脳とも言えるCPUのパフォーマンスが平均的だと、そこがボトルネックとなりやすいです。潤沢に搭載したメモリを余すところなく活用するためには、高性能なCPUとグラフィックボードが必要であり、またそれぞれのパーツの相性が良くなければ仕様通りの処理がされ難くなります。相性抜群であれば、いわゆるスタンダードな性能の部品しか搭載されていないゲーミングPCでも部品各々がお互い柔軟に補完し合い、実際のマシンスペック以上の高速処理と安定的な動作を実現します。

よりリアルな動きを再現するため

ゲームの動きをなめらかに再現するためには、膨大なデータを極めて高速に演算処理が必要であり、各パーツに要求される性能も厳しいものとなります。その為、パーツ同士の相性についても慎重に考える必要がありますが、特に大切なのものにCPUとグラフィックメモリの相性があります。なぜなら、よりリアルな動きを再現するためには、極めて高速な画像操作が必要となり、その為にはグラフィックメモリー上のデータの高速演算を行う為の高周波特性を知る必要があるからです。高周波領域では、単なるデジタル処理というよりはアナログ的な高周波特性の相性が重要となって来るために、パーツのスペック表だけではわからない事も出てきます。

サイトマップ

パソコンおすすめの情報サイトPASOCONのページ一覧表はコチラ

関連ページ

以下は、ゲーミングPCに関連するページです。

ページのトップへ戻る