パソコン初心者におすすめ|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

ゲーミングPC購入前に初心者におすすめしたいこと

オンラインゲームで遊びたいけど、どのメーカーがいいのか分からない、自作がいいけど自分では組めない、パーツの選び方が分からないなど、スマホゲームしか遊んだことがないパソコン素人ゲーマーでも分かるようゲーミングPCを購入する前に初心者が知っておきたいおすすめ情報を紹介しています。

初心者はメーカーのゲーミングPCがおすすめ

ゲームで遊ぶ際、パソコンのスペックが足りない場合にラグが発生するなど、プレイできない場合がありますが、ゲーミングPCを使用するとスムーズにプレイすることができます。ゲーミングPCは冷却性能のあるPCケースを利用するなど、工夫することでパフォーマンスを高く保つことに成功しています。

パソコン初心者のゲーマーにおすすめできるメーカーは、エイスースやブイスペック、デルです。エイスースはマザーボードやグラフィックボードを製造しており、高い処理能力とグラフィック性能を必要とするゲーミングPCの開発製造を得意としています。なかでもGX800VHはグラフィックボードなど最高峰のものを搭載しており、処理能力が高い利点があり、一瞬の判断や処理能力が必要なプロゲーマーも満足できる仕様になっています。

あと、怪物レベルの性能を持つグラフィックボードを搭載しているのは、ブイスペックのエクストラプレミアムです。性能が良いため、価格が50万円以上となりますが、価格が安いエントリーでも普通のパソコンより性能が高く、マウス等もゲームに特化した製品を使用しているためおすすめです。安い値段で購入したい場合は、デルのINSPIRONゲーミングデスクトップがおすすめです。コストパフォーマンスが高いため人気があり、重量系ゲームもスムーズにプレイすることができます。同クラスの製品と比べて約1万円から3万円程度安く購入することができるため、パソコン初心者のゲーマーにとって満足できるのではないでしょうか。

安いゲーミングPCより高いほうがおすすめ

ゲーミングPCは、一般的なデスクトップパソコンよりも高いです。文書作成やウェブ閲覧などを目的とした安いノートパソコンに比べると、倍以上することは珍しくありません。10万円でもゲーミングPCとしては安いと言われるほどなので、購入を考えているならある程度の予算を用意しなければいけません。安いとされる10万円で購入できるゲーミングPCは、GPUの性能が高くないケースがほとんどです。

一世代前のGPUだったり最新型でも廉価版的なモデルを搭載しているので、性能としては厳しいものがあります。最新の3Dグラフィックを使ったゲームだと、障害物が表示されなかったり書き込みなどの情報量も少なくなるでしょう。スペックを求めないゲームなら問題ありませんが、ハイスペックなゲームを遊ぶには適していません。ハイスペックな最新ゲームを快適に遊びたいなら、価格の高いゲーミングPCがおすすめです。

価格の高いゲーミングPCには最新のGPUが搭載されており、高画質でゲームを快適に遊べます。CPUも最新でメモリも豊富ですから、動作でストレスを感じることもないでしょう。基本的にハイスペックなゲーミングPCほど長く使えるので、購入を考えているときには目先の価格だけではなく、時代億例にならない性能を手に入れることも大切です

予算内なら自作ゲーミングPCがおすすめ

パソコンを購入する目的は書類の作成や、インターネットや音楽を楽しむためなど人それぞれです。インターネットやメール中心なら、比較的スペックの低いパソコンでも十分と言えますが、オンラインゲームを楽しむのであれば、サクサクと動く高性能なパソコンを用意したいところです。一般的に販売されている家庭用パソコンは、ゲームを楽しむことを前提として作られているわけではないので物足りなさを感じている人もいるのではないでしょうか?

かといって高性能なゲーミングPCを注文で作ってもらうとなると多くの費用が発生する可能性もあります。できることなら予算内で良いものを見つけたいと考えるゲーマーも少なくありません。高性能なゲーミングPCをより安価で作るなら自作にも挑戦してみましょう。自作パソコンとなると専門的な知識や高い技術力がないと作れないと考える人もいるかもしれませんが、パーツを購入して組み立てていくだけなので実際の作業はそれほど難しくはありません。初めて自作する人は何から始めて良いのか、どんなパーツを選んで良いのかなど分からないことも多いですが、予算に合わせて作れる自作ゲーミングPCがおすすめです。

ゲーミングPCの構築でおすすめしたいパーツの選び方

ゲーミングPCを自作するのであれば、PCのパーツ選びで、快適なマシンを作り上げることが大切です。パーツ選びは予算に大きく左右されますが、それ以外にもプレイする予定のタイトルであったり、求める画質や画面の解像度に適した選び方をする必要があります。基本的なパーツの選び方としては、CPUとグラフィックボードを重視して、バランスよく構築する点がコツに挙げられます。

メモリは最低でも8GB以上、可能であれば16GBは搭載することが、ゲーミングPCにおける基本中の基本です。一方、最近のタイトルだとマルチスレッド対応が当たり前ですから、CPUは6コア以上を狙いたいところです。当然ながら周波数も大事なので、最新世代でミドルクラス以上のCPUが、ゲーマーにとって狙い目となります。

グラフィックボードも同様に、最新世代とミドルクラス以上の2つが、パーツ選定のキーワードです。マザーボードは安定性重視で電源周りが強いものを、電源もまた信頼性が高く、負担が掛かった時に耐えられる性能が重要です。また、プレイ中のロード時間が快適性に影響しますから、OS用と1TB以上のSSDを搭載すると、完成度の高いゲーミングPCに仕上がります。

ゲーミングPCデバイスのおすすめの選び方

ゲーミングPCを購入したら、ゲームを楽しむために能力を最大限に発揮できるゲーミングデバイスが必要になります。特に大切なのは、使用する機会が多いマウスです。ゲーマー用に開発されているマウスは、通常のマウスに比べ長時間にわたって使用し続けていても疲れにくい形状で設計されている上に、速やかに対応できるよう動かしやすい重量感が特徴です。しかも、マウスに手を置いているだけであらゆる操作が行えるように通常のマウスよりも配置されているボタンが多いため、逐一マウスカーソルで選択肢を選んだりキーボードに触れる必要がありません。

もちろん、マウスと同様に入力装置として存在しているキーボードもゲーミングデバイス用の製品が販売されており、ゲーマーがキーボードを選定する際には同時に複数のキーを入力しても正確に認識してくれることが選び方のポイントです。また、ゲームの様相を映し出すモニターもゲーミングデバイス用の物を選ぶべきであり、中でもオンライン対戦ゲームにおいてはゲーミングモニターの有無により勝敗が決まる事例が稀有ではないため、残像が生じにくいTNパネルが搭載されている液晶ディスプレイの中から選ぶことがおすすめです

ショップのゲーミングPCがおすすめの理由

ゲーマーがゲーミングPCを購入するとき、ショップを選ぶことが多いです。ショップは価格の割りには性能が良く、低価格でもそれなりのスペックを揃えたゲーミングPCが購入可能です。お金をかければハイエンドな最新ゲームも快適に遊べる性能になるので、予算的に優れているメリットもあります。またショップはBTOが可能なので、ゲーマーの要望に合わせやすいのも魅力的なポイントです。

ゲーミングPCに求める性能はゲーマーによって異なり、たとえばゲームをしながら実況や配信も考えているなら、CPUの性能はなるべく高いものを選ばなければいけません。しかし実況や配信には興味がなく、ただゲームを遊ぶだけなら、CPUにはそれほどこだわる必要はありません。CPUにお金をかけるくらいなら、GPUやメモリのアップグレードに予算をかけたほうが、快適に遊べるゲーミングPCが手に入ります。遊びたいゲームに最適なスペック、目的を的確に合わせやすい特徴がショップのゲーミングPCにはあります。そのため自作するほどの知識がない、また面倒な作業を減らしたり時間をかけたくないゲーマーからショップのゲーミングPCが支持されています。

タイトル対応のゲーミングPCを見つけるおすすめの方法

ゲームタイトルに対応したゲーミングPCを見つけるには、ゲーミングPCを取り扱うパソコンショップの情報に目を通すのが基本です。特に、比較的新しいゲームでメジャータイトルなら、ゲーミングPCの商品情報に対応するタイトルが掲載されている可能性があります。マイナーなタイトルだと、対応を謳うゲーミングPCを探すのは少し難しくなりますが、それでもスペックを見て自分でチェックすることができます。

ポイントはまず、ゲームタイトルの推奨スペックを見て、各項目が合致するゲーミングPCを絞り込むことです。CPUやメインメモリは処理速度、HDDやSSDなどのストレージは、ゲームのインストールの可否やロード時間に関係します。GPUは映像処理における要ですから、推奨スペックを基準にワンランク以上を目指し、ゲーミングPCを比較検討することが大切です

旧タイトルや数年前のゲームであれば、ゲーミングPCが対応を謳っていなくても、スペック的には対応する可能性が高いです。重要なのはOSが対応しているか否かで、基本的にゲームタイトルとPCのOSが合致していれば、問題なく動作する確率は大きくなります。購入前の確認において、より動作の確実性を高めたいなら、パソコンショップに相談して、購入を検討するPCで動作確認をしてもらうのが賢明です。しかし有志が情報をまとめて公開しているケースもあるので、こういう情報源も役に立つのでおすすめです。

どのパーツでゲーミングPCを選ぶのがおすすめか?

eスポーツが世界的に普及しつつあり、これまでパソコンでゲームをしていなかった人たちもゲーミングPCの購入を検討する事が増えてきました。そこで初心者にゲーミングPCをおすすめするとすれば、決め手となるのはどのパーツかというと、「CPU」と「グラフィックボード」です。「CPU」はパソコンにおける頭脳の部分であり、プレイヤーの動きやゲーム内で起きていることなどを複雑な計算で処理していくために必要な部分です。

このスペックが悪ければ、ゲームがまともに動きません。そして「CPU」の計算に基づいてグラフィックを表現するために「グラフィックボード」が必要です。こちらでも複雑なグラフィックの計算処理をしなければいけないので、スペックが低いと綺麗な映像を表示できません。当然ながら、どちらもスペックが良ければそれだけゲームが快適に動くのですが、予算の問題があります。

パソコンのパーツはスペックが高い順から、ハイエンド・ミドルレンジ・ローエンドと分けられます。価格もその順番で高くなりますから、予算内で最高の「CPU」と「グラフィックボード」を積んだゲーミングPCを選ばなければいけませんその際に注意するべき点としては、費用を削ろうとするならば、まず遊びたいゲームの必要スペックと推奨スペックを確認することです。要求されるスペックを満たせなければ、ゲームを遊ぶことすら出来ないのでお話になりません。

コスパが高くておすすめのゲーミングPCの選び方

コスパの高いゲーミングPCなら、直販よりも自作がおすすめです。自作なら、一つ一つのパーツを自分で選べます。性能を重視しながらコストにも配慮したゲーミングPCを手に入れられるので、コスパとハイエンドの両立を目指すなら自作がおすすめです。ハイエンドなゲーミングPCを自作するなら、こだわりたいのはグラフィックボードです。高性能なグラフィックボードを搭載しているゲーミングPCなら、映像をスムーズかつ美麗に描画できます。最新の3Dゲームを楽しむためには高性能なグラフィックボードが必須なので、一番妥協できない部分です。

グラフィックボードと同じくらい妥協できないのは、CPUです。ゲーミングPCの心臓部ともいえるCPUは、ハイエンドであるほど処理が高速になります。自作したゲーミングPCの処理速度を決める重要なパーツですから、CPUも妥協せずに選びましょう。グラフィックボードやCPUがハイエンドでも、メモリが少なければ意味がありません。基本的にメモリは多ければ多いほど良いですが、32GB以上は過剰です。ゲーミングPCなら16GBもあれば十分なので、コスパを重視するならメモリは必要最低限で自作するのがおすすめです。

ゲーミングPCの自作でおすすめしたい組み立て方

ゲーミングPCの自作でおすすめしたい組み立て方は、まずは予算を決めます。10万円であれば、ケースやCPU・GPU・電源ユニット・メモリ・SSD・マザーボードなどを選びます。これらが基本的なゲーミングPCで必要なパーツです。まずは、ケースを選びます。それほど大型のケースは必要ないので、中くらいのサイズのタワー型が良いでしょう。

次に、CPUとGPUとメモリとマザーボードを選びます。CPUとGPUは平均的な速度の物を選択すると良いです。あまり高性能なプロセッサを選ぶとすぐ10万円になるので注意します。あとはメモリを選びます。メモリは、最低でも16GBは必要なのでこれを選択し、余裕があれば32GBがベストです。基盤はメモリやCPUに対応したものを選びます。電源は安価に揃える事ができます。これでだいたい10万円くらいになります。

最初に自作ゲーミングPCを作った人は、ディスプレイやキーボード、マウスを揃える必要があります。今はディプレイも1万円くらいで揃えられるようになってきたし、高性能でゲーミングPCにも使用できるのでおすすめです。また、マウスもキーボードもゲーミング専用のものが売られています。

CPUとGPUを重視したゲーミングPCがおすすめ

ゲームをプレイするための機器といえば、日本国内でもさまざまな家庭用ゲーム機が発売されているので、多くの方はそれらのゲーム機を使用してゲームをプレイしている一方、スマホアプリの流行に合わせてスマホでゲームをプレイする方も増えています。そんな中でも、より高画質でプレイしたい、自分好みのデザインの機器で遊びたいという方に選ばれるのがゲーミングPCです。

ゲーミングPCの場合、CPUとGPUを重視するのがおすすめとなります。CPUは基本的に数値の計算や画像の読み込みなど、パソコンの基本的な処理を行う部分のため、クリエイティブな作業はもちろん、ゲームにおいてもかなり重要な部分です。GPUは映像処理をするための部分で、本来CPUでもできる処理ではあるものの、専用の処理装置となっているため、ゲーム画面の描画やプレイに重要となるFPS向上に大きく貢献する重要な装置だといえます。

よくCPUはこだわらなくても良いという方もいますが、やはり全体的なゲームの読み込みや動きにも影響しかねない部分になるので、CPUはできる限り性能の高いものを用意するのが良いです。GPUは、値段の高いグラフィックボードを選ぶほど性能も上がりますが、消費電力が高い点などには注意しましょう

ゲーミングPC選びで相性を重視するおすすめの理由

皆さんはゲーミングPCという物をお持ちでしょうか。ゲーミングPCは、ゲームプレイに特化したものを表し、多くはWindowsなどのオペレーティングシステムで動作するものが一般的です。ゲームをやらなくても、一般のパソコンとして使用する事も可能です。しかし、凄く高性能で一番高いパソコンを買ってインターネットもゲームもガンガンしようと思っている方も中には少なからずいるでしょう。ここで間違えたらいけないのは、高いからと言ってそのパソコンが自分に合うようなものでは無いかもしれないという事です

ゲーム配信をしたいのに、ゲーム配信がまったく出来ないパソコンを買ってしまったら元の子もありません。ゲームがしたいのに、全然快適じゃなかったら意味がありません。そのため、今回はゲーミングPC選びで相性を重視するおすすめの理由を少し説明します。大体は最初の方で説明しているのですが、一つだけ相性を重視するおすすめの理由を説明してません。

それは、CPUとGPUがダメなパソコンはゲーム性もダメな可能性があるという事です。もちろん、この二つが低くても快適に動くパソコンはあります。ただ、この二つでゲーミングPCがほぼ決まるので、初心者はこれをよく確認して買うと良いという事です。ゲーミングPC選びには、じっくり時間をかけながら相性の良いものを探しましょう。

相性が高いパーツで構築したゲーミングPCがおすすめ

ゲーミングPCを組み立てる上で、パーツ同士の相性は避けて通れない問題です。せっかく高性能なCPUやGPUを搭載しても、組み合わせによっては正常に動作しないなどのトラブルが発生します。決して不良品という訳ではなく、1つずつが優秀なパーツでも起こりうるため注意が必要です。たとえばマザーボードとの組み合わせでは、メモリやグラフィックボードが挙げられます。PCが正常に起動しなかったり、動作や画像表示に異常が確認されたりなどが多いです。近年は減少したものの、特定のOSとソフトウェアとの相性が悪い場合もあります注意したいのは相性問題が発生しても基本的には保証が受けられず、パーツそのものに問題がなければ無償交換や返品は難しいです

こういったトラブルの防止策としては、同一ショップで購入する方法が挙げられます。中でもパーツの相性を保証している場合があり、ゲーミングPCを初めて組み上げる方は強くおすすめします。各ショップのホームページ内の、保証規定の項目をチェックすると良いでしょう。他にも防止策としては、事前に情報を集めておくことが挙げられます。価格比較サイトの口コミ情報を調べたり、購入予定の複数のパーツを検索して同じ構成で組み上げている人を探すと良いです。実際にはPCパーツにおける相性問題に遭遇する確率はさほど高くないとは言え、警戒しておくに越したことはありません。

ゲーミングPCでおすすめのチューニング方法

通常のPCでゲームを行った場合において、画像処理が思うように進まないためゲームを楽しむことが難しくなります。そのため画像処理に優れているゲーミングPCを購入しますが、購入したとしてもゲームによっては動作が重くなり、思うように動かなくなってしまうのでチューニングを行おうと考えることが多いです。

ゲーミングPCでおすすめしたいチューニングとして、まずパソコンの最適化を図るために無駄に起動するバックグラウンドアプリを停止します。ただしすべてのアプリを停止すると正常に作動しない場合があるので、Windowsセキュリティや設定などは必ずオンの状態にすることが大切です。さらにゲームを始めると様々な通知が送られてくるので、パソコン内のゲームの欄をクリックし、ゲームバーをオフにしてしまいます。

このほか、マウスの設定も大切であり、加速度を設定するためにポインターオプションの精度を高める部分のチェックを外します。この部分にチェックがついているとマウスを動かした際に移動距離が変化するので精度が安定しません。上級者向けとしてはグラフィックボードの設定があります。NVIDIAのコントロールパネルを開いて3D設定の管理を開き、垂直同期をオフに、電源管理モードをパフォーマンス最大化を優先に変更します。

ゲーミングPCでジャンル別のおすすめの最適化方法

ゲーミングPCはゲームをするために使うので、動作が重いとプレイに大きく影響してしまいます。そこで快適にゲームをするために、最適化を行うことが大切です。ここでポイントになるのが、おすすめの最適化方法がゲーミングPCのジャンル別に変わってくるという点です。

実際にゲーミングPCの最適化を行うとき、なぜ動作が重くなっているのか原因を考える必要もあります。CPUの負荷が重いなら、CPUのパーツを工夫することで最適化を目指すのも1つの手です。またゲームの内容によっても状況は変わってくるので、個別にどのような対応が必要なのか考えていきましょう。

ゲーミングPCのジャンル別のおすすめ最適化方法を知るなら、PCの状況に問題がないかチェックすることも必要です。状況によっては、ウイルス感染が影響しているケースも見られます。ウイルスに感染している場合には、対応方法にも違いが出てきます。最適化方法は1つではないからこそ、問題がある部分を整理して適切に対処できるように準備することが大切です。いくつかの方法を実際に試してみなければ、正しく対処するのが難しいこともあります。解決には時間がかかることもあるという点を理解して、焦らず落ち着いて対応しましょう。

サイトマップ

パソコンおすすめの情報サイトPASOCONのページ一覧表はコチラ

カテゴリー

以下は、PASOCONのカテゴリーです。

ページのトップへ戻る