パソコン初心者におすすめのサイト

高性能で安いパソコン選びのコツ

パソコンは、1度購入したら長い期間使うことが多いので、出来れば高性能で安いものを購入したいですよね。では、そんな都合の良いパソコンは、どのようにして選べば良いのでしょうか。ここでは激安だけど高性能なパソコン選びについてコツを紹介します。

ショップの独自ブランドを選ぶ

一流メーカーのパソコンは、そのメーカーのロゴや特別なデザインによるブランディングや、あまり使用しないさまざまなプレインストールされているソフトウェアの料金も価格に上乗せされています。

少しでも安い価格で高性能のパソコンを購入するには、パソコンショップなどで独自に展開しているショップブランドの激安パソコンを選ぶのもひとつの方法です。独自ルートでパーツを低価格で仕入れているのをはじめ、余計なプレインストールのソフトウェアもほとんどインストールされていることも無く、高性能でありながらも全体的に価格を抑えた機種がたくさんあります。

また、相談すれば3Dゲームを快適にプレイするためにグラフィック機能を強化したい、保存するデータが多いのでドライブを増やして欲しいなどカスタマイズに柔軟に対応してもらえるのもメリットです。

価格を比較して目的に合った物を選ぶ

高性能で低価格なパソコンを選ぶコツとして、まずはどんな目的で使用したいのかという点を考慮しておくということが挙げられます。その上で、目的に見合ったパソコンを選ぶということが重要です。そうしなければ納得するものを手に入れることができないからです。

そして、価格をインターネットで比較してみましょう。ある程度比較して相場がわかったところで、家電量販店に行き、実物を見て比較してみましょう。特典なども含めて多角的に検討することがおすすめです。また、ネットの直販サイトやカスタマイズ注文なども含めて考えると激安の高性能パソコンを探していくことができやすくなります。

海外メーカーのデスクトップを選ぶ

高性能なパソコンの方が色々な作業を迅速に行えます。マシンスペックが低いと動画再生の際に延滞が起きたり、複数の作業を同時に進めるとフリーズしたりします。激安価格でも最近は工夫次第でハイスペックパソコンが買えます。いわゆる国産の一流メーカーの物ではなく、中国系や米国系のメーカーの物なら高性能でも安い値段でゲット出来ます。

更にノート型とデスクトップ型では後者の方が断然安いです。同じ構成で比較した場合、デスクトップ型の方が明らかに費用対効果が良く、頻繁にセール価格になっています。自宅で使う用途であれば、ノートやタブレット型にこだわらず、あえてベーシックなデスクトップ型パソコンにすれば激安価格で新品の物が手に入ります

販売価格が安いメーカーを選ぶ

高性能で安いパソコンを購入するためには、販売価格が安いメーカーを選ぶ必要があります。一般的に言われているのはDELL社のパソコンが安いということです。同社はインターネット通販を中心に事業展開しており、在庫を持たないということで価格を安く抑えてきました。昔から変わらず激安パソコンを販売している優良メーカーです。

最近はドンキホーテなど、本来メーカーでなった業者も格安パソコンを発売し始めています。品質という点ではメーカーよりも劣りますが、文字入力やメールなどの一般的な機能が搭載されていればそれで十分というライトユーザーにはおすすめできます。自宅近くで購入することができれば、トラブル時も早く対応してもらえます。

電源やHDDの消耗品に注意して選ぶ

高性能で価格が安いパソコンを選ぶ時に注意したいのは、消耗品である電源やHDDなどが高性能であることかです。消耗品である電源やHDDが高性能だとそれだけで値段が上昇してしまいます。特に4TBのHDDを装備したパソコンは通常のものよりも3000円から5000円程度値上げされていることが多いです。消耗品である電源やHDDを購入した直後に故障してしまうこともあるのでそれらが高性能なものはなるべく避けたほうが良いでしょう。できればCPUやメモリなどの故障しにくい素材に注目することが重要です。

使用目的を明確にしてから選ぶ

まず自分の使用目的をはっきりさせておく事が大事です。ノートパソコンやデスクトップ、ゲーム用途なのか仕事用途なのかでも価格帯は変わってきます。安く買える傾向のパソコンは海外製の物や、型落ちモデルの物などは同性能の物よりも安く購入できます

そして中古品ですが、ある程度知識がある方は中古品の状態を見極めて、激安価格で高性能パソコンを入手できるかも知れません。メーカーやデザインなどにこだわらなければ、安くても高性能な商品を購入する事が出来ます。自分の用途に適した物をしっかり判断して選びましょう。

旧モデルの型落ちパソコンを選ぶ

性能が高いのにも関わらず相場と比較すると激安で販売されているパソコンを買い求める際には、パソコンを販売している各メーカーが新たなるモデルを市場に投入する前段階という時期を選ぶようにしましょう。

以前は新モデルが登場すると旧モデルは安い反面見劣りしてしまうようなスペックに感じられ、簡単な作業でさえ不都合を覚えるものでしたが、すっかりパソコンが成熟した今日ではたとえ旧モデルになっても、高度な作業を軽快に進めていく事が可能です。また、パソコンメーカーの中には新モデルと合わせて一世代前の旧モデルを暫くの間並行して販売し続ける事例も増えてきているので、安い価格に改定された旧モデルをあえて購入するのも良い方法です。

アジア圏のメーカーショップの物を選ぶ

これまで日本のパソコン市場は国内メーカーが席巻していましたが、現在は海外発のメーカーの存在感も強くなっています。特にアジア圏で誕生したパソコンメーカーは、お国柄の特徴から価格が安い事に加えて高性能なパソコンを手がけられるという強みがあります。

その理由は部品の調達や設計製造に関して人件費を低くさせられる様子が関係しており、結果的に販売されるパソコンの価格もお求めやすい様子になっています。また、アジア圏で誕生したメーカーは国内メーカーとは異なり、完成品を店頭で販売する方式よりもオンラインショップから販売する事に注力している上、各パーツを好みで選べるようになっているので、重きを置く点を絞れば平均よりも激安であるのに使い方に合った高性能なパソコンに仕上げられます。

約1万円の価格帯の物を選ぶ

最近では激安パソコンと呼ばれる約1万円の価格帯のものでも家で使う分には充分のスペックを持っているものも多く、そうした専門店を見てみたり、ネットショップなどで検索して探すのも良いでしょう。その他、自分の使いたい用途をはっきりさせて選ぶこともコストパフォーマンスの高いパソコンを選ぶ重要なポイントです。

ページのトップへ戻る