パソコンおすすめの情報|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

新品vs中古!コスパだとどっちのパソコンが安い?

パソコンを購入する時に、いざ新品を買おうか中古を買おうか迷ってしまいます。家電量販店やPC専門店に見に行ったり、ネットで調べたりしても、値段や性能がいろいろあってより一層決めかねてしまう場合があります。ここでは、新品と中古のどっちのパソコンが安くてコスパがいいかを紹介しています。

長期で利用できる新品

中古のパソコンは安い価格で購入できるというメリットがありますが、その分故障しやすかったり、パーツが古いもので構成されていることが多いです。長年使われていたパソコンだと、電源やハードディスクなどが故障して、最悪の場合にはデータの消失なども考えられます重要なデータが失われた場合には、データの復元などにも高額な費用がかかります

新品のパソコンであれば、電源やハードディスクなどのパーツもすべて新品なので、パーツの故障や故障によって発生してしまうデータ消失のリスクが低いです。またパーツも最新のものを搭載しているので、長期的に使い続ける場合には、中古のパソコンよりもコストパフォーマンスが高いと言えます。

型落ちや店頭で買える新品

私の体験談から考えても新しいパソコンを購入した方がコスパは確実に良いです。中古のパソコンは確かに破格の値段で売られていますが、中にどの様なソフトが入っているかは気にして購入しない人が大半です。また、セキュリティも入っていない事や古い物である事があります。結局は本体を安い値段で購入できたとしても、後々にソフトを揃えた場合、トータル金額としてはかなりコストが掛かります。

一方で、新品であってもワンシーズン前の商品であれば非常に値段を落として販売している事が多く見受けられます。更に、店頭で購入する際は値下げ交渉もできる為、始めから様々なソフトが入っているパソコンを購入する方が安くなる事が多いのです

自分で修理できるなら中古

パソコンを安い値段で買いたいなら、新品より安い中古も視野に入ります。中古なら新品より半額以下で買えるので、コスパは高いと考えられるからです。しかし中古パソコンに使われているパーツ類は新品に比べると使い込まれているので、寿命は短く購入後すぐに壊れる可能性は高くなります

すぐに壊れなくても全体的に見れば確実に寿命は短いので、長期的な目線で見るとコスパが良いとはいえません。新品と中古のパソコンだとどちらがコスパが優れているかは、求めるものによって違います。一部のパーツが故障しただけなら自分で取り換えられる自信があれば、中古の方がコスパは良いと感じるでしょう。

新品同様の中古

新品のパソコンの良いところはメーカーの保証が付いているので安心だということです。一方悪いところは誰も使っていないので、初期不良がある恐れがあります。中古パソコンの良いところは状態が購入前に分かるということです。少し難があるところがあっても、それを納得できれば安い買い物だといえます。悪いところは新品とは反対にメーカー保証が付かないということです。購入店によっては返品も交換も不可能というところがあります。

結局新品と中古どちらのパソコンが安いかというと、中古の状態にもよりますが、新品同様の中古があればそれが一番安いということが言えます。以上のようなことを参考にして、自分にとってどちらが得か考えてみてください。

業務用パソコンの中古

おすすめは、企業が使用していた業務用パソコンの中古です。価格は一般的な同程度のパソコンの半額以下で購入できます。アマゾンなどのネット通販でも、かなりの数が流通しています。価格が安いのも魅力ですが、Microsoft officeソフトも最初から入っていて、OSもWindows10(しかも64Bit仕様)が標準で入っているのがほとんどです。中古とはいえ企業で使われている物は、意外と定期的に交換&メンテされているのが多いので、程度の良好な物が格安で手に入ります。長く使うつもりならば、HHDをSSDにクローニングして使えば問題ありません。

価格で選ぶなら安い中古

ある程度のスペックを備えたものだと、かなり高額になるため安い中古を購入するという考えは割と自然な発想です。ただ、やはり新品とは違うため想定しない故障が発生してしまったり、前に使っていた人の癖が残っていたりと気になることが多いのも否定できません

その辺りはある程度覚悟の上で選ばなければいけないのが、中古パソコンの特徴です。新品ならばそのような心配は一切必要ありませんし、メーカーの保証もついてきます。一方で安いものを選ぶとなるとスペックを犠牲にしないといけなかったり、本来欲しいものより少しレベルの落ちる買い物をしてしまいがちです。

ネットやメール利用なら中古

結論としてはネット閲覧やメールの送受信という程度なら、中古の安いパソコンで充分だと言えます。例えばノートパソコンの新品では安価なモデルでも国産のタイプなら7〜8万円以上はしますが、中古パソコンの年代落ちタイプなら1万円台からでも掘り出し物があるでしょう。もちろん使用感があったりHDDの使用時間も多い物がありますが、HDDなら簡単に交換も可能ですしSSDに換装する事で起動速度もアップしますので快適に使用できます。専門的な用途で使用する場合は新品の機種が長めに見ると優れていますが、日常使いの範囲なら中古パソコンでも充分活用できます。

事務用途なら中古、それ例外は新品

パソコンの新品と中古では中古のほうが安いです。ただし、中古パソコンは第四世代辺りのCPUを搭載しており、ゲーミング用途には不向きである点に注意しましょう中古パソコンのメリットは、安いだけでなく事務用途であれば問題なく利用できる点にあります

ゲームや3DモデリングやVRなどの最新のソフトウェアを利用する場合は、新品のパソコンを購入しなければ性能が間に合わない場合があるのです。新品の場合は、最新の世代のCPUを搭載しており、搭載されているオプションのパーツも高性能であることが多く、用途が限定されないメリットがあります。それだけでなく、故障のリスクが小さいという点もあります。何か問題があればサポートを利用することも可能です。

高性能パソコンの中古

新品と中古のパソコンでは値段だけでなく、性能差が大幅に違います。例えば、中古で10万円程度する場合は高性能なパソコンを安く手に入れることは可能ですが、パーツの一部が不足していたり、ディスプレイやキーボードなどの周辺機器が揃っていないこともあります。しかし、既にそれらの周辺機器を持っているとすれば、中古のほうが安いです。周辺機器や必要なパーツがある場合は、新品で購入したほうが安く済ませることが出来ます。サポートも付くので、初心者でも安心です。

型落ちの状態が良い中古

新品は高いですが未使用で使用感がなく保証もつくので安心して使えます。勿論、誰も使ってないのでメーカーが想定している寿命も期待出来て、バッテリーなども劣化してません。中古は既に誰かが使っているため傷や劣化などがありますが、その分価格が安くなり内容に納得できればかなり安価で買えます。さらに既に生産が終わっているものや型落ちモデルなど、予算が限られているときには向いてます。

どちらがコスパが安いかを考えたとき、中古の状態によってかなり違ってきます。発売されたばかりの製品と同様の安い中古だと、こちらの方がコスパが良くなります。ただ、店の保証が短めで故障したら有償になるので長く使うことを考えると新品の方が良いとも言えます。性能に関した費用対効果を考えると型落ちの状態が良い中古の方がコスパは高いです

サイトマップ

パソコンおすすめの情報サイトPASOCONのページ一覧表はコチラ

関連ページ

以下は、安いパソコンに関連するページです。

ページのトップへ戻る