パソコンおすすめ|PASOCON

スマホ中毒でも理解できるパソコンおすすめの情報でPC初心者をサポートするサイトです。

安いパソコンの購入がスマホ中毒の初心者におすすめ

パソコンに不慣れなスマホ中毒者がパソコンの購入を検討する際、使い道がネット閲覧やネットショッピング、サブ機としての利用ならお金をかけずに済む安いパソコンがおすすめです。デスクトップ、ノートパソコン、BTOなど安いパソコンについてPC初心者でも分かるよう紹介しています。 

デスクトップPCは高い?安い?メリットは?

デスクトップPCは箱状の本体があり、それにディスプレイやキーボード、マウスを接続して利用する形のものです。1990年代から2000年代にかけてはこのタイプのパソコンが一般的なものでしたが、2010年代に入るとノートパソコンやタブレットPCの登場によって、あまり見かけなくなっています。理由としては配線をする手間が必要で、オフィスなどで用いるものであればオールインワンとなっているノートパソコンやタブレットPCの方がスマートであることが挙げられます。

デスクトップPCの価格は性能から見れば安い傾向にあります。ノートパソコンやタブレットPCでは、その大きさは制限されるために物理的に性能を高いものにするには価格が高くなりますが、デスクトップPCであれば箱状ですので、それだけ余裕があるものです。ただノートパソコンでも性能が上がっていますから、あえてデスクトップPCを購入する理由としては、より高性能なことをしたい場合が中心です。例えば3Dゲームなどを行うゲーミングPCの場合には、高い性能が求められますが、デスクトップPCであれば、物理的な余裕があるほか排熱効率が良いため無理をさせても寿命が長いといったメリットがあります

ノートパソコンは安い物でも性能が良いので安心できる

ノートパソコンは何処でも使用することが出来るので人気があり多くの人が使っていますが、一定の年月が経過した場合には買い替える必要があります。またそれほど使っていなくても最新のノートパソコンに買い替えたいと言う人も結構いますが、今では安い価格で販売している会社が増えているのでそれほどお金をかけずに購入することができます。もちろん性能に優れたノートパソコンは高い物が多いのですが、安くても質が良く、使いやすい物がけっこうあるのでユーザーからしたらこれほど有難いことはないです。ただ中古のノートパソコンも使い勝手が良くセキュリティ機能に優れた物も多いので人気がありますし、ネットの閲覧やショッピングの目的で使っている人も沢山います。

最近ではアメリカのノートパソコンが生産過多による在庫過剰時や型落ち時に大量に買い付けることにより、高性能にも関わらず安い価格で販売しています。中には家電製品と同じ感覚で直ぐにノートパソコンを買い替える人もいますが、激安パソコンも増えており性能もそれほど劣ることはないのでお買い得の面もあります。このようにノートパソコンは持ち運び可能な上に使いやすいので多くの人が使用していますが、安い価格で購入出来る物が多いのでユーザーからしたら本当に助かります。

BTOパソコンが安くておすすめの理由

国内で販売されているパソコンは大手電機会社などが製造しているのが一般的ですが、最近では大手電機会社以外にもパソコン専門メーカーがいくつかあり、パソコン初心者の私自身も専門メーカーの安いBTOパソコンを購入した経験がありますが、自分好みのカスタマイズができる点がおすすめです。このサービスでは、多くの専門メーカーがインターネットを使用した注文サービスを提供しており、中には店舗がある会社もありますが近くに店舗が無い場合など便利に利用できるおすすめのサービスです。

また多くの専門メーカーでは外観の色やデザインによる選択以外にも内部の部品など機能に関わるものまで選択が可能で、自分の使用用途に合わせて選択できることや予算に合わせて購入できる点がとてもよいです。そしてパソコン購入時は周辺機器が必要な場合がありますが、周辺機器なども同時に販売するサービスも提供しており、中には本体購入時に周辺機器を合わせたセット料金を設定している会社もあります。

そしてパソコン専用メーカーでは品質管理や購入後のサポートも向上しており、国内に生産工場を持つ会社や24時間のサポート体制が整っている会社もあり、それぞれ自分の用途や目的に合わせたパソコンが購入できるのが魅力的です。

タブレットPCが安いのと高いの、どっちがいい?

タブレットPCは、板状のオールインワンタイプのコンピュータのことです。一般的にパソコンといえば操作をする際、キーボードやマウスを使用しますが、タブレットPCでの操作はタッチパネルを使って行うことになります。一般的に通話機能が付いたものはスマートフォンと呼ばれますが、携帯電話会社のデータ通信に対応したタブレットPCもありますし、キーボードを取り付けた物もあるなどその形はさまざまです。

タブレットPCにも安い物と高い物があります。これらは主に性能の違いによるものですが、目的によっては安いほうを購入しても十分に役目を果たすことができます。例えば安い物では、Amazonが発売しているFireタブレットは性能の割には値段が低く、他のメーカーより高性能です。ただしOSが、Amazon独自のものであり用途が限られるのがデメリットといえます。

一方でタブレットPCのOSとして広く採用されているAndroidは自由度が高く、また中小メーカーも製造しており、安価に手に入れることが可能です。iOSはApple社のiPhoneやiPadに使われているもので、機器自体が高い品質で作られているため人気があります。

目的にあわせて新品や中古の安いパソコンを選ぶ利点

今までパソコンは、年々スペックの高いモデルが発売されていたことから、高額なパソコンを購入する必要がありました。しかし目的によっては高スペックのタイプを購入しなくても、安いパソコンで十分機能が足りて長く使用できる可能性があります。国内メーカー、海外メーカーによって販売されているパソコンの価格は異なりますが、海外メーカーであれば新品でも2万円台の激安モデルも存在しており、ネットサーフィンやメールの利用やインターネットショッピングなどを行いたいという使用目的であれば、激安モデルでも問題はないといわれています

またハイスペックのブランドモデルは、新品なら高価で購入出来なくても中古品であれば低価格で購入することが可能です。試用期間が短い中古製品であれば、機能性の劣化もなく低価格モデルより長期間安定して利用することができるなど中古製品でも十分に高い利点を持っているのです。新品と中古の安いパソコンは、大幅に購入予算を抑えることができる点が最大の利点となります。余計なソフトが入っていないなど最低限の機能にすることコストダウンが可能になり、予算は抑えて機能性は従来機器と同一なので安心して利用できます。

安いパソコンの購入時に気をつける事や危ない事

安いパソコンを購入する際には、表示されている価格のみに目を向けて選ばないように気をつける必要があります。価格が相場に比較して安価である事例ではプリインストールされているソフトウェアが少なく、パソコンでの作業ができない場合がありますし、さらに著しく価格が安価である事例ではプリインストールソフトに限らず、パソコンの要であるOS自体が搭載されていない事も珍しくありません。

そのため、安いパソコンを購入する際には、価格に限らずプリインストールされているソフトウェアやOSの有無に関する情報にも目を向けるようにしつつ、保存容量や処理速度についても確認しましょう。プリインストールソフトが豊富でOSも搭載されている場合は、保存容量や処理速度を抑えて安いパソコンとして販売している事例が多いので、購入後にデータの保存容量不足や処理速度の低さにより、作業が迅速に進まないといったことにならないよう、保存容量や処理速度に目を向ける事も大切です。

また、安いパソコンとして販売されている商品の中には新品の他に中古もありますが、中古はバッテリーや電源ユニットが使用済みであるという実情を念頭に置き、年月や状態を考慮して危ないと判断した際には他の安いパソコンを選ぶと安心です。

性能が高くて安いパソコンを選ぶコツ

安くて性能が高いパソコンを購入したい時は、パソコンショップなどが独自的に販売しているショップブランドのモデルの中から決める事が選ぶコツです。独自の流通経路を用いてパソコンを構築させるためのパーツを安価に仕入れている上、パソコンメーカーが開発販売しているモデルのように使用しないプリインストールソフトが多々インストールされているという様子も無いので、安いパソコンでありつつも性能が高いモデルが手に入れられます。

また、今日ではコンピューターを開発販売しているメーカーが世界的に増加傾向にあり、アジア圏で成長したメーカーのパソコンが手軽に買い求められるようになっています。アジア発のメーカーはパーツを国内生産していたり、人件費や物価が低く抑えられるという利点があるので、平均的なパソコンに比較して性能が高いモデルであっても安価に購入可能です

そのようにアジアで成長したメーカーパソコンはもとより、日本やアメリカなどのメーカーパソコンを購入する際には、ノートパソコンではなくデスクトップに絞る事も選ぶコツです。その理由はノートパソコンは小さな外装に構築するためのパーツを搭載する必要がありますが、デスクトップはスペースに余裕があるので性能が高いものの安いパソコンに仕上げやすいためです。

中古の安いパソコンは新品よりコスパが高いか?

中古の安いパソコンが新品よりもコスパが良いかどうかは、目的や使い方によっても変わってきます。特に性能を求めずに、少しでも安いパソコンが欲しいという時にはコスパが良いと言えるでしょう。一方で高性能パソコンの場合には、中古でもそれなりの値段がしますから、安いという条件を満たさなくなってしまいます。

耐久性の問題もあり、中古がすぐに壊れてしまうわけではないにしても、前の所有者がどのように使っていたのかわからない以上、新品より長持ちしない可能性が否定できません。長く使い続けることを考えているのであれば、いつ壊れるかわからない中古よりも、長く使える可能性の高い新品の方が安上がりで済むということもあります

最もコスパが良いと考えられるケースとしては、性能は関係なく、長く使い続けるつもりもなく、今だけパソコンが必要になったという人にとっては安い中古パソコンはお買い得だと言えるでしょう。最近のパソコンは基本性能が底上げされており、ネットサーフィンやオフィスソフトを使用する程度では性能不足を感じるようなことがないので、一時的に使うつもりのパソコンが欲しいという時には安い中古が最適ということになります。

コスパが優れた安いパソコンの特長

デザインの良さや物理的な使いやすさ、処理のスピーディーさ、機能の豊富さなど、パソコンに求める要素はたくさんありますが、コストパフォーマンスの高さもその一つです。高品質で機能的なのに価格が安いパソコンの特徴としては、様々な電化製品を製造している大手の家電メーカーではなくパソコン専門メーカーのものが多い、ハードディスクの容量が少なめでCPUの性能もさほど高くなく処理速度が普通、基本ソフトや余計な便利ソフトなどが一切入っておらずシンプルなどがあります

このような特徴を持つパソコンは、2~3万円程度で購入することが出来ます。プロ用の専門的なソフトを使用していたり動画や写真などの大きなデータを処理したりする場合は、CPUの性能が高いパソコンが必要になりますが、インターネットでWEBページを閲覧したり動画を見たり音楽を聴いたり簡単な文書の作成をする程度なら、それほど高いCPU性能は必要ありません。

クラウド上にデータを保存すればハードディスクの容量が少なくても問題ありませんし、ソフトは必要に応じてインストールすればOKです。パソコンを使用する目的を明確にさせて、ニーズに合ったコストパフォーマンス抜群の安いパソコンをゲットしましょう。

安い中古パソコンは初心者にふさわしい

中古パソコンのメリットは非常に安い点であり、同等のマシンスペックを持つ新品と比較すれば、およそ半分以下の値段で購入可能です。安価なデスクトップが複数台欲しい時、趣味専用に別途マシンスペックの良いモデルが欲しい時に中古パソコンは最高の選択肢です。最近の中古パソコンはコンディションが良好であり、綺麗にメンテナンスや動作確認が事前に施されています。豊富なラインナップがあり、ノート型やデスクトップ型、一体型やタブレット型等が販売されています。

新製品で買うとお高めなCore iシリーズのCPUが搭載されたノートPCやデスクトップPCも中古なら安い値段で買えるので、パソコン初心者にとってこれが特におすすめとなります。Core i3やCore i5はバランスが取れたCPUです。事務用やネット用なら充分であり、複数のアプリを同時に稼働させてもサクサクです。Core i5はグラフィック性能が優れており、動画視聴や軽い3DCGにも対応してくれます。2DCG制作やシンプルなオンラインゲームなら充分で、省エネ性能が有能です。Core i7は重たい処理を得意としており、本格的な3Dソフトやハイスペックが要求されるオンラインゲームを延滞なく、サクサクと稼働させられます。

家電量販店よりも安い価格で手に入るBTOパソコン

家電量販店などの店頭で販売されていたり、オンラインショップで買えるパソコンとは異なり、購入するユーザーの使用用途に応じてメモリやハードディスクといったパーツを自由に変更させられるのがBTOパソコンの特徴です。一見すると自作パソコンと同じ仕組みであるように感じられますが、BTOパソコンが自作と異なるのは、自分でパーツを選んだ後に各メーカーやショップが組み立てを行うということです。

そのため、自作パソコンはハードルが高いと感じている方や、自作する時間が確保できない方におすすめです。また、自作パソコンは、パーツを1つずつ買い揃えて1台のパソコンの完成を目指していきますが、BTOパソコンのメーカーでは、ショップでパーツを販売しているため、予算に応じて安いパソコンを購入することができます。また、他にBTOパソコンが自作パソコンと異なる点としては、デスクトップに限らずノートパソコンでも好みのスペックで購入できます。そのため、大手のコンピューターメーカーでは最も性能が高いCPUをノートパソコンに搭載しつつ、ノートパソコンの携帯性や使い心地に直結するモニターサイズが選べます。

サイトマップ

パソコンおすすめの情報サイトPASOCONのページ一覧表はコチラ

カテゴリー

以下は、PASOCONのカテゴリーです。

ページのトップへ戻る