パソコン初心者におすすめならPASOCON

初心者にとって役立つアドバイスを紹介していくパソコンおすすめの情報サイトです。

故障したハードディスクを修復するには

ハードディスクは精密機器ですので外部から激しい衝撃を受けたり、激しい熱を加えられたり長時間水の中に水没すれば高い確率で故障します。物理的に故障したハードディスクを消費者側で修復する事は出来ません。自然故障であればメーカーに相談して交換や格安の修理依頼が出せます。しかし消費者側の過失や災害による故障は残念ながら自然故障には該当しませんので、自力で修復方法を模索しなければなりません。そこでここでは故障したハードディスクの修復について紹介します。

ディスクを回転させるモーターや電子回路が故障の場合

ハードディスクの故障箇所はさまざまですが、ディスクを回転させるモーターや電子回路が故障するケースがあります。データが記録されているディスク部分が無事であれば、全てのデータを修復することが可能です。作業手順ですが、まず最初に故障したハードディスクをクリーンルーム内で分解してディスク部分だけを取り外します。取り外されたディスクを正常に動く同型のハードディスクに取り付けて、組み立てます。組み立てたハードディスクをパソコンに接続すればアクセスが可能なので、記録されているデータを読み込んで修復作業をする方法があります。これはハードディスクのデータ修復専門の業者で行われている手法で、高額の費用がかかります。

ディスクの記憶領域が破損した場合

故障したハードディスクの修理は、専門の業者に依頼することが必須です。自力で修復することはまず困難であるため、この点は理解しておく必要があります。ハードディスクには、記憶領域というものが存在していて、そこが物理的に傷ついてしまうとパソコン側から普通の対応を求めても応じてくれなくなってしまいます。例えば、フォルダ画面から必要な情報を手に入れようとしてもアクセスそのものを拒否されてしまいますので、ツールを利用することもできず修復を行うことができなくなるわけです。こういったことを改善するためには、業者が使っている専用の機械を使う必要があります。業者は、物理面の故障であっても必要な情報を抽出してくれますので安全面を考慮しても任せた方が良いといえます。

購入直後の自然故障の場合

いわゆる購入直後の自然故障であれば購入したお店や製造メーカーにその旨を相談してみましょう。まだ殆ど利用していない間の故障であれば、データもほとんど保存されていないはずです。お店やメーカーに相談すれば、自然故障の場合、基本的に無償で修復してもらえます。場合によっては修復ではなく本体の交換という形になるかもしれませんが、ほぼ未使用の状態であればリスクはないでしょう。

ユーザー側で物理的にハードディスクを修復する事は残念ながら困難です。困った時はとりあえずメールで問い合わせたり、電話でカスタマーサービスに問い合わせるのがおすすめです。保証書がなければ的確なサポートが受けられませんので気をつけてください。

物理的な破壊や破損がしていない場合

物理的な破壊、破損などをしていなければ可能性はあります。ディスクの確認とハードディスクの自動修復を行ってみましょう。ウィンドウズを使っている場合には、エラーチェック、自動的に修復するオプションなどがあるため、まずは不具合があるかどうかの動作確認をしてみましょう。マイコンピューターを起動し、確認を行うハードディスクドライブを選択します。右クリックし、プロパティオプションを選択、ツールタブからエラーチェックのチェックするをクリックします。ファイルシステムエラーを自動的に修復するを選ぶことで自動スキャンが始まりエラーを修復してくれますが、ハードディスクの容量によっては時間がかかる場合もあります。

ディスク内部の電磁的記録障害の場合

ハードディスクの故障を修復するにはフォーマットが多く使われますが、そうするとデータが消えてしまいます。ハードディスクに物理的な損傷がある場合は修復は難しいですが、内部の電磁的記録の障害の場合はデータを失うことなく解決できる可能性もあります。特に故障後すぐなら復旧できる可能性も高くなります。

フリーのデータ復旧ソフトでも修復できる場合があります。フリーソフトはデータの検索機能が多少異なる程度でどれを使っても復旧できる可能性は同じです。ただフリーソフトでは破損ファイルなど修復できない場合もありますフリーソフトでは修復できなくても市販の有料ソフトではできる場合もあるので、重要なデータならそれも利用するという選択肢もあります。

PCからエラー表示された場合

ハードディスク自体は稼働していますので、Windowsで有ればドライブのエラーチェック機能を使い不具合が起きている場所を確認した後にデータを外付けのハードディスクにコピーし、PC本体のハードディスクをフォーマットすれば修復される場合があります。

関連ページ

以下は、パソコン修理に関連するページです。

ページのトップへ戻る