パソコン初心者におすすめならPASOCON

初心者にとって役立つアドバイスを紹介していくパソコンおすすめの情報サイトです。

新品で購入できる安いタブレットPCの紹介

アマゾンのFireタブレット、ファーウェイで有名なAndroidタブレット、マイクロソフトのWindowsタブレットの魅力を紹介しています。

Fireタブレット

スマートフォンで映画を観たり本を読んだりしている人は、画面がもう少し大きければ、と思ったことがあるはずです。Fireタブレットはそんな人におすすめで、従来のタブレットよりも激安なことが大きな魅力です。

Fireタブレットには3種類のディスプレイのサイズがあり、7インチのFire7と8インチのFireHD8、10.1インチのFireHD10に分かれています。容量も各種類に8ギガと16ギガの設定があり、8ギガの場合の価格はFire7が5980円でFireHD8が8980円、FireHD10が15980円と、一般的なタブレットの半額以下の価格で購入することができます。なぜこんなに安いのかというと、他のタブレットとは異なるFireタブレット独自のポイントがいくつかあるからです。

Fireタブレットは「あらゆるエンターテインメントをお手軽に」をコンセプトとしてAmazonが提供しているもので、従来のタブレットと異なりAmazon独自のOSやアプリを使用していることで、Amazonのサービスを利用するには大変適したタブレットと言えます。基本的にはAmazonプライム会員サービスの動画見放題のプライムビデオ、音楽が聞き放題のプライムミュージック、マンガや本が読み放題のプライムリーディングなどを利用する際に便利です。SNSの代表的なアプリやネットラジオなどにも対応している他、ゲームなどもAmazonコイン経由だと割引で購入することが可能です。

メールやカレンダーなど基本的なオフィスアプリや、表計算や文章作成、プレゼンテーションもインストールされており、Bluetooth対応のキーボードを接続すればパソコンとしても使用することができます。このようにFireタブレットはAmazonプライムを有効活用するために作られたタブレットなので一般に比べるとやや制限はあるものの、他の追随を許さない価格の安さが利用する最大のメリットと言えるでしょう。

Androidタブレット

安いAndroidタブレットを求めているのであれば、一番コストパフォーマンスが良好なAmazonFireが良いでしょう。特にAmazonFireは2万円程度でしっかり動くレベルの10インチタブレットを手に入れることができます。厳密にはAndroidタブレットではないので、Androidアプリが使えない仕様になっていますが、グーグルプレイをインストールさえすればAndroidタブレットとして利用できます。さらにモバイルWiFiを利用すれば外出先でもインターネットができるので、スカイプやLineのアプリを導入すればスマホになるので、携帯料金が高くて悩んでいる方におすすめです

Amazonのアカウントを使用してAndroidタブレットのアプリを一元管理できるようになっているのでアプリの管理が難しい方におすすめできます。

他にはWindows10とAndroidのデュアルブートタイプの激安タブレットが良いです。AndroidとWindows10を両方起動できるので、どのようなアプリであっても楽しむことができますしプライベートにも業務用にも利用できて無駄がありません。Windowsで利用してきたファイルなどもすぐに起動させることが可能です。CPUはIntelのx86アーキテクチャを採用しているのでExcelやWordなども利用できます。

ゲームを利用するには性能が不十分ですが簡単な事務処理や動画の再生であれば難なくこなしてくれます。開発者の方にもWindowsで開発したアプリを同じAndroidタブレットで起動させて挙動を確認することも可能でしょう。

激安なAndroidタブレットを購入するときに注意するべきことは、中古品を購入しないことです。中古品は電池が摩耗していることがあるので、電池切れや発火などの事故に発展してしまうことがあります。そのため品質などを考慮してのKindleFireやWindowsとAndroidのデュアルブートタイプの製品を利用すると良いでしょう。最低限のソフトウェアを起動する場合であっても、CPUのコア数は4コア、メモリは2GBは必要になります。可能な限り性能に余裕を持たせておくと安心です。

Windowsタブレット

デスクトップタイプのパソコンを使っていると、性能的には満足できるものの、持ち運びができないことに不満を感じるのではないでしょうか。特に外出時に使いたいと思っても、大きな筐体を持つこの手の商品は持ち出すことはほぼ不可能です。

こうした課題を解決してくれるのが、Windowsタブレットと呼ばれる商品です。タブレットとは手のひらサイズの端末のことで、スマートフォンよりも大型の画面を持っています。本格的な作業をするにはスマートフォンでは画面が小さすぎますが、Windowsタブレットなら10インチ以上のフルスクリーンを持っているため快適です。

通常、タブレットというと、OSにはAndroidが使われているのが一般的です。もちろんAndroidも使いやすいのですが、パソコンで使い慣れているOSであるウインドウズとは規格が違うため、データのやり取りなどで困ることもあるかもしれません。Windowsタブレットはその点、OSにパソコンと同じ規格のものを採用しており、全く同じ感覚で使うことができます。初めての方でもすぐに操作に慣れ親しむことができるというメリットがあります。

モバイル端末としてはノート型も知られていますが、性能が良い機種ほど価格も高くなってしまいます。Windowsタブレットは激安価格で売られることも多く、高い性能が安い価格で手に入るのは利点です。画像編集ソフトなども本格的なものを入れることができ、出かけた先でも作業をこなしたいときに持っておくと良いでしょう。

Windowsタブレットを安く購入するには、モデルチェンジなどで新機種が発売される時期を狙うのが一番です。新しく発売されるモデルはCPUやメモリなどスペックが上がっていることが多く、消費者もそちらに注目します。結果として旧モデルを買う人は減ってしまうため、家電量販店などでは大幅に価格を下げた激安で売りに出すからです。

コツとしては、常にITガジェット関係のニュースをチェックするようにし、新製品情報を追うようにしましょう。発売されてからしばらくして店頭に出向くと、安くなった旧モデルを買えるはずです。

関連ページ

以下は、安いパソコンに関連するページです。

ページのトップへ戻る